ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
反ワクチン動画への反論(2)
2021/10/26 18:53:38 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 時事ネタ

そしてその次にルイさんがこうおっしゃってます。
「・・ですが、18歳未満の方は最近になって接種が始まったところなので、公平な比較をするために、この表から18歳未満を除外してみてみると、先ほどとは全く違う結果が見えてきます・・」

え、また除外?
12歳〜15歳までのグループは確かに8月から接種が始まりましたが、イギリスで16歳以上の人に接種が始まったのはかなり前です(資料9ページ)。
でも、そこは目をつむりましょう。
問題はこのグループを「公平な比較をするために(?)」除外するという意味です。
「ちょっと何言ってるか分からない(サンドイッチマン風に)」です、申し訳ないですが。
公平どころか、不公平な比較にしかなっていないのではないでしょうか?
当然ルイさんはそのような操作を経て後、反ワクチンに有利な数値を導き出していますが、ご自分に都合の良いようにデータをいじくりまわせば、そりゃあご自分が出したい数字は出せるでしょう。
しかし、このような分析はとても科学と呼べるものではありません。

2つ目のデータはコロナに陽性反応を示した後28日以内に入院した人に関するものです。
先ほど同様、グループをハイリスクグループとそうでないグループにカテゴライズし、18歳未満グループは除外しないでその割合を計算すると、

(1)ハイリスクグループ 38.8%   (2)ノンハイリスクグループ 61.2%

となり、意外にもコロナで入院した人は、ワクチンを2回接種したグループの方がそうじゃないグループより多いという結果になりました。

次に、3つ目と4つ目のデータは、それぞれ陽性判定後28日以内に死亡した方の数と60日以内に死亡した方の数です。
上と同様にグループ分けをし、ハイリスクグループとそうでないグループで比較すると、

(陽性判定後28日以内)
(1)ハイリスクグループ 21.8%     (2)ノンハイリスクグループ 78.2%

(陽性判定後60日以内)
(1)ハイリスクグループ 22.3%      (2)ノンハイリスクグループ 77.7%

となり、死亡者のデータは二つとも、2回接種者のグループが8割近くを占めるという結果になりました。

ルイさんが動画で独自の計算方法で出している数値ほどではないにしろ、このような結果から見ると、「ワクチン接種はやはり意味がないのか」「いや、むしろ毒なのではないか」という結論を出しそうになるのは分からないでもありません。

しかし、ここで効いてくるのが、ルイさんが意図的に分析に用いなかった元々のデータに書かれてある右側の2列です。
なぜこれが重要かといえば、単純な数値の比較ではなく、「ワクチンを2回受けた人10万人あたりの中に占める入院者数(死者数)の数」と「ワクチンを受けていない、または1回しか受けていない人10万人あたりの中に占める入院者数(死者数)の数」という風に、分母を正しくそろえた上でその割合を比較する数字だからです。

分かりやすく考えてみましょう。
仮に100人のうち80人が接種し、20人が未接種だとします(接種率80%)。
接種したグループからも接種していないグループからもそれぞれ5人ずつが感染したとすると、感染者に占める接種者と未接種者の割合はちょうど50%ずつです。
しかし、実際に接種した人は80人もいて、感染した人はその中の5人ですから、接種者に占める感染者の割合は(5/80)×100=6.25%ですが、未接種者の場合は(5/20)×100=25%となり、未接種者の方が4倍感染率が高いということになります。
接種率が上がれば上がるほど、感染者に占める接種者の割合が上がるというのはそういう意味です。

ということで、実はワクチンの有効性を知るのに一番大切な数値は、ルイさんが無視した右側の2列の数字ということになり、それを比較してみたら、結論は一目瞭然です。

感染者:(1)2回接種者10万人あたり6188.3人(48.1%)  (2)未接種者10万人あたり6600.4人(51.6%)

入院者:(1)2回接種者10万人あたり111.1人(26.5%) (2)未接種者10万人あたり308.3人(73.5%)

死亡者(28日以内):(1)2回接種者10万人あたり64.7人(25.7%) (2)未接種者10万人あたり187.5人(74.3%)

死亡者(60日以内):(1)2回接種者10万人あたり80.6人(26.3%) (2)未接種者10万人あたり225.5人(73.7%)

感染者数が2回接種者と未接種者(又は1回のみ接種者)との間でほとんど差がないのに対して、入院者数や死亡者数は2回接種者の方が圧倒的に低い割合であることが分かります。
つまり、ワクチンを接種しても100%感染を防ぐことはできないが、入院率や重症化率、致死率を下げる効果がある、というこれまでに何度も聞いてきた結論にたどり着きます。
この結論については、実はこの報告書に丁寧に書かれていて、余計な色眼鏡をかけずにシンプルにデータを分析したら導き出せる内容です。
また、ルイさんが紹介してないページには、上記結果の年齢ごとの棒グラフが書かれていて、ワクチン効果について一目で分かるようになっています。(でも無視されています)。

今回かなり詳細に私なりに調べてみましたが、ルイさんの動画は多くの人に視聴されていて、おおくの「いいね」が付き、さらに肯定的なコメントで埋め尽くされています。
ほとんどの人が元ネタを調べない、データの読み方に慣れていない、語っていることに疑問を持たないことをよくご存じの上で、確信犯的にこのような動画を出しているものと思われます。

これまで何度も書いてきましたが、ネットリテラシーを高めることがいかに大切かを痛感させられます。(終わり)


コメント(2)
トラックバック(0)