八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
11年前の約束
2008/07/21 22:55:22 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 月曜男
uppic マンタ田中

襲名から

今日で

一週間

本日は一週間ぶりに、再びマンタチャレンジをしてまいりました。

そして、待つ事30分・・・

マンタ田中です、こんばんは。


小浜島から出発する海のコースはイロイロなものがあります。
その数あるコースの中で、1日スノーケリングコース・・・「マリン・ピクニック」というものがあります。

「マリン・ピクニック」

スタッフ同士で略されると、「マリピク」・・・

思わず行きたくなってしまうコース名ですね。僕はすごく気に入ってます。
このマリピクはその日の海況に合わせて、色んな島々へ皆様をご案内しております。
先日は「波照間島」まで行ってきました。

僕は南風が吹いている日には、よく「鳩間島」という島へ遊びに行きます。
小浜からだと僕たちの船で40〜50分くらいかけて、のんび〜り行きます。

数年前には日本テレビの「瑠璃の島」というドラマの舞台になったこともあり、ここ数年はやたら注目を浴びていた島で、そのドラマのタイトル通り島の周りの海の色は「瑠璃色」に輝き、訪れた方々の心を魅了する島です。

一昨日、僕はマリピクをご案内する事になり、今年初めてこの鳩間島へ行ってきました。
お昼時には鳩間港に入港してご飯を食べました。そしてその後は島へ上陸して「島内散策」へ出掛けました。
僕はいつも島で一番高い所「鳩間中森」という見晴らしのよい灯台まで散歩します。この高台からは「瑠璃色」の鳩間島の海を一望できて、皆に一度は見てもらいたい景色が広がっています。

いつものように綺麗な景色をみている時です

「トントン・シャンシャン・トントン・・・」

港の方から何だかお祭り騒ぎな音が聞こえてきます。

「あっ!?沖縄の有名で重要なお祭り・・・『豊年祭』をやっているんだ!」

この事に気付いたとき、僕は11年前に約束した「ある事」を思い出しました。



11年前の春、僕は当時石垣島にありました海洋系の専門学校に入学しました。入学してしばらくした時に、何かアルバイトをしよう!という気になり始め、先生の紹介で、とある「郷土料理屋」に採用してもらい、週6日で夏季限定アルバイトへ行く事になりました。

黒人並みに黒く金髪だった僕はホールのウエイター的な役が与えられるはずも無く、厨房に採用されました。

厨房には4人のキャラの濃い「島のお母さん」達がいて
ユンタク(雑談)しまくりでしたが、お母さん達の作る料理は「島のお母さんの味」を地で行く、まさに「郷土料理屋」だったのです。

で、そんな中に黒人で金髪の「島根のニィニィ」は何と無く受け入れられ、可愛がってもらっていました。
ちなみに僕の担当は「ゴーヤチャンプルー」と「八重山ソバ」でした。

「島のお母さん」達の可愛がりようは実に男塾的で、夜ご飯の「まかない」の時は、ジーマミ豆腐担当のお母さんは・・・ジーマミ豆腐
イセエビ担当のお母さんは・・・イセエビ
クーブイリチー担当・・・
モズク担当・・・
・・・
・・・
・・・
僕のまかないは、どんなお客様の「御膳」よりも豪華な「スペシャル誠司御膳」になっていました。
一体あれは何キロカロリーあったのでしょうか?全部平らげていましたので、お母さん達はまた1品追加してくれるのでした・・・

そんな4人の「島のお母さん」の中でもリーダー的な存在の方がいて、皆には「ユト子さん」と呼ばれていましたが、そのユト子さんが夏のある日「厨房」から突然いなくなりました。

ジーマミ担当のお母さんに、なぜか?と聞くと

「え〜  ユト子さんは 豊年祭で 鳩間島に 帰ってるさぁ  」

当時、石垣島に来たばかりで鳩間島の事さえ知らない僕には、豊年祭の事など知る由もなく、ただただユト子さんの帰りを待っていました。
そして数日経ったある日、ユト子さんは鳩間島で獲ってきたという「ヤシガニ」達と共に帰って来て、僕たちに「ヤシガニ」を食べさしてくれました。

「ヤシガニ」にがっついてる僕の横で、ユト子さんは鳩間島の事をイロイロ話してくれてました。
がっついていた時だったので、その内容は殆ど耳に入ってませんでしたが、話の後半

「誠司  あんたも 何時か 鳩間島の 豊年祭に 連れてって見せてあげるからね」

「したら ヤシガニから 何から  沢山 食べれるさぁ」

と言ってくれました。

そして僕はヤシガニにがっつきながら  「連れてってね  ユト子さん  」



なぁ〜んて事を思い出しながら鳩間島の道を歩いていたら、お祭りの場に辿りついていました。
写真を撮っている観光客の方はいらっしゃいましたが、僕はその情熱的な「お祭り」に携帯電話のカメラを向ける気にはなれず、灼熱の太陽の下で奏でられる「音曲」と、激しくも無く穏やかでも無い「舞」に見入っていました。

そしてその「舞」の中心にいる女性に、見覚えが・・・

そう

ユト子さんでした。

お祭りの最中だった為、ユト子さんとお話する事は出来ずその場を立ち去りましたが

舞っているユト子さんの姿を見ながら、このマリンピクニックのお陰で、計らずとも11年前に交わした約束を、ちょっと違う形であれ、果たせた事に感謝して一人でジィーンとしてました・・・

ありがとう マリンピクニック



完璧に僕の「独り言」でしたが、日記はここまでにします。
ありがとうございました。

男塾度・・・11




さて、皆さんお気付きでしょうか?
今週から「男塾日記」が微妙に変わります。
ページ左上のプロフィールという所の写真が夏バージョンに変わりました。
そしてこの写真は毎日変えていきます!!
皆様 お楽しみに

あと、塾生達の評価企画は無しになりました・・・

コメント(0)
トラックバック(0)