八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
2009/06/04 18:39:29 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 木曜男
こんばんは、木曜日専属の松原です。

これは今夜の八重山地方の予想天気です。

最悪ですね・・・

今夜だけでなく、ついさっきまで雷を伴い激しく降っていました。

いつも見える石垣島も竹富島も見えなくなり、ついには500メートルほど離れている景色も見えなくなってました。

幸運なことに?不運なことに?午後からはコースがなかったため、雨にも雷にも打たれずにすみました。

実は僕、雷が嫌いです。というか苦手です。

光は特に気にならないのですが、光ってすぐに真上から「バリバリバリッ」と鳴る雷の音がどうしても昔からダメで、背筋がピンっと伸びてしまって、しばらくその場から動けません・・・

少し雷について調べてみました。

全部書くのは大変なため一部を紹介します。

まずは僕の嫌いな音

放電現象が発生したときに生じる音であり、雷が地面に落下したときの衝撃音ではなく、放電の際に放たれる熱量によって雷周辺の空気が急速に膨張し、音速を超えた時の衝撃波みたいです。
音速を超えたときの衝撃波ってなんかかっこいいですね。

さらにビックリしたのが

雷が近い場合、走って逃げたからといって落雷を避けられるとは限らない。雷雲が発生させる電位差は広範囲にわたるからである。運良く直撃を避けられて落雷地点が多少離れていても、地面に落ちた雷はある程度の距離ならば地表を伝わってきて人は強い衝撃波を受ける。この時、足を開いていると、一方の脚から胴体を通って他方の脚へと電流が流れて感電する可能性が高くなるので、脚は閉じているほうが良いとされている。さらに、身をできる限り小さくして座ると効果はあるとされている。

とあるのですが、落雷なんていつくるか分からないので、いつでも心の準備あるのみと思い、野外で逃げ場が無い!
どうしようもないときは体育座りをして落雷に備えたいと思います。

更に雷は1〜10億vの電圧があるらしいので、ピカチュウの18番、「10万ボルト」なんてめじゃないですね・・・

やはり自然の力はすごいですね。

明日には天気予報も完全にはずれて、いい海日和になってほしいですね。



男塾度・・・50



コメント(3)
トラックバック(0)