八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
石西礁湖の奇跡
2009/06/15 23:11:50 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 月曜男



写真の
 
男は
 
劇団四季の
 
団員の方では
 
ありません。
 




ぷしぃぬしま石垣店のMrパーマネント
 
駒林さんです。
 
 
したがって
 
駒林さんが
 
両手で高々と掲げているのは
 
ライオンの赤ちゃんではないのです。
 
実は小さなカメさんを高々と掲げているのですが
 
それが、海ガメの赤ちゃんでもないのです・・・
 
 
6月13日
 
石垣島ダイビングフェスタ2009 最終日
 
フォトコンテスト パーティー の夜
 
八重山地方は 雷&豪雨 に見舞われました。
 
僕も仕方なく石垣島の美崎町で雨宿りをして
 
遅い時間まで、雨が止むのを待っていたんですが
 
翌日 6月14日は 前夜の豪雨がウソの様に快晴!
 
明るい一日になりました。
 
しかし
 
空のコンディションとは裏腹に
 
海のコンディションは、前夜の大雨で河川から海へ流れ出てくる土砂によって濁りまくり・・・
 
 
 




大小様々な
 
草木などの漂流物が
 
沢山浮いていました。
 
 
 




そんな中
 
シュノーケリングコースを竹富島の沖でご案内している時です。
 
ドンブラコ  ドンブラコ ・・・ と
 
小さなカメさんが
 
バルデラマまで後一歩な Mrパーマネント 駒林 さんの
 
パーマネント頭の西側を
 
流れに乗って船に流されてくるのです。
 
 
 
 
今の時期はビーチに産卵をしにくるアオウミガメ等の大きな海ガメが水面に顔を出しているのを
 
操船中によく見かけます。
 
轢いてしまっては一大事ですので、特に今の時期は気を使うのですが
 
まさか陸ガメが顔を出して 流されてくるとは
 
10数年 海に出ていて
 
初めてでした・・・
 
頭・足・尻尾 の全てを甲羅から出して
 




ただただ浮いているその陸ガメを見た時は


死んでしまっているんだろうな〜
 
と思っていたのですが








 
船に揚げて5分くらい経つと
 
その陸ガメは元気を取り戻し、船上を動き回っているではありませんか
 
驚きました
 



海ガメと呼ばれているカメは

日本には3種類生息してますが
 
その起源を辿れば

おそらく全てが陸ガメの状態から意を決して
 
海へ海へとエントリーしていったのだろうと考えてしまいます。
 



もし
 
今回流されてきた陸ガメがたまたま増水した河川によって海へ流されたのではなく
 
自らが意を決して海へエントリーしたのであれば
 
男亀塾度・・・100
 
ですね。
 
 
そのうち海ガメの種類が4種になる日も遠くないかもしれません。
 
田中でした。
 
男塾度・・・18


コメント(0)
トラックバック(0)