八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
男のカメラ
2009/06/22 23:45:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 月曜男
 




写真の
 
男性が
 
手に握っている
 
カメラを見て
 
 




すぐに
 
「 おっ!? 懐かしいね〜 」
 
と思われた方は
 
おそらく20世紀からダイビングを始められた方でしょう。
 
本日は この懐かしの?カメラに 
 
「男」 を感じた お話です。
 
 
このカメラを右手に持つ男性は
 
毎年6月頃、石垣・小浜と潜りに来ていただいているお客様です。
 
出港前 お会いすると、毎年その右手には
 
 ニコノス V(ファイブ)
 
が握られているのです。
 
ニコノス V はニコンが1963年に第1号を発売した
 
水陸両用フィルムカメラ
 
ニコノスシリーズの5号機で
 
1984年に発売されたカメラです。
 
僕も学生時代(1997年だったかな?)に初めて使わせてもらったカメラは、このニコノスVでした。
 
デジタルカメラ全盛期の現在
 
水中で撮影出来る画像の枚数は 200〜500枚は 当たり前になっています。
 
ですが ニコノスVはフィルムカメラなので、撮れる写真は最大36枚です。
 
デジカメであればメモリーカードいっぱいに
 
例えば500枚撮りきっても最悪ダイビング中に水中で画像を消去できますが
 
ニコノスは
 
絶対に 36枚 です。
 
石垣島のマンタスポットで潜った時に最初の10分で36枚撮り切ってしまうと
 
その後いくらマンタが接近してきて頭上で止まってくれていても
 
もう撮影する事は出来ません。
 
グリップを強く握り締めるだけです。
 
男塾カメラ度・・・100
 
 
 
オートフォーカス(勝手にカメラがピントを合わせる機能)
 
なんてありません
 
あらかじめレンズの左手から出ているノブを回して被写体とカメラ(レンズ)との距離を設定しておき
 
被写体を見ながら目測で距離を測ってピントを合わす!
 
仮に2メートルに設定して、実際にはマンタが1メートルまで寄ってきてしまうと
 
ピントが合いません。
 
男塾カメラ度・・・100
 
 



シャッター音
 
「 カ シャッ 」
 
かなり離れていても聞こえてきます。
 
男塾カメラ度・・・100
 



 
 
撮りきったフィルムの巻上げ
 
手動
 
巻き上げるのをうっかり忘れて開けると終わりです。
 
男塾カメラ度・・・100
 
 
 
 
僕は別にデジタルカメラを否定してフィルムカメラを崇拝する訳ではありません。
 
ニコノスの似合う女性も沢山いらっしゃいます。
 
が、何故でしょう
 
このカメラに 男 を感じてしまいます。
 
田中でした。
 
 
ちなみにお客様の陸上用カメラは
 
ニコン F3 らしいです。
 
男塾度・・・50


コメント(0)
トラックバック(0)