八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
“寅さん” からの言葉。
2009/12/09 17:25:51 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 水曜男
はいどーも!!加藤鷹です、こんにちわ。

加藤家でとっている新聞に『次代への名言』という小さいコーナーがあります。副題には “寅と浪速の喜劇王編” と銘打って寅さんこと渥美清さんのエピソードと言葉が紹介されています



映画のイメージとは違う、私生活の強面で豪快な渥美さんのエピソードを読むだけでも面白いんですが


渥美さんが25歳のとき当時の難病 肺結核に罹患したときのことを書いてありました


私生活でも無茶を繰り返すような “フーテン状態” だった渥美さんが25歳で死に直面し、片肺を切除したことで気づかされます


『丈夫ということは、なんて、いいことなんだろう。大金にもかえがたい幸せなことだったんだ』


健康で五体満足に何でもできるってことは普通なことではなく、実はとっても幸運なこと

僕もそう感じることができます

2年の療養生活のなかで、満足にできないことが多すぎて情けなさを感じる一方で、とても大切なことを学んでいる気がします。情けなさや恐怖と共にとても貴重な瞬間を生きていると、そんな境地に至っていることができている気がします

一刻も早く元気になりたいですが(笑)

記事には渥美さんの言葉がこうも書かれていました


『心や体に弱いところのある人間は、他人の痛みがわかる。だからいい』


そうなれたらいい。


加藤鷹、他人に優しい人間になりたいです


男塾度・・・59

コメント(0)
トラックバック(0)