八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
オヤジ
2009/12/14 23:55:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 月曜男


僕の
 
お尻が
 
痛くなり始めて
 
もう
 
どれ位
 
経ったんでしょうか・・・
 


思い返してみれば
 
今年の6月ごろだったかな・・・
 
その発端は、石垣島は美崎町某所にあるBar
 
「エ○ファ○ン○ カ○ェ」 で出てきた1杯のカクテルを
 
飲んだ次の日の朝からお尻が痛くなり始めた気がします。
 
ホントは2杯飲んだんですが
 
その飲んだカクテルの名は ○○○パニック・・・
 
アメリカ軍の海兵隊でさえ3杯飲むことができなかったという、伝説のカクテル
 
確かにあの夜は僕も2杯でK.Oされました。
 
Mr.不摂生とまで言われる僕です
 
「痔」になってしまう事くらい、別に驚きでもありませんでした
 
むしろネタにしてました
 
若手スタッフには
 
「俺にはこれ位のハンディキャップがあった方がお前たちもいいだろ〜」
 
なんて言ってました。
 
何処かのお笑い芸人さんがネタにしている「痔」
 
自分はその「イボ痔」なったんだろうと、ずっと思ってました。
 
「痔」ってどうしても恥ずかしいところがどうしてもあるんですかね
 
周りの人たちに話をすると、イボ痔経験者の先輩が意外といてビックリしました
 
でも、先輩たちが話す経験談と自分のお尻のケースとは、どこか違うんです なんかピンとこなかったんです
 
そこで先日 病院へいきました
 
診断結果は 「痔ろう」
 
 
「田中さん」
 
「5時の方向にトンネルができています」
 
「痔ろうという病気です」
 
「よくある病気です」

と、研修医に見えてしまうくらいの若い先生から

丁寧で思いやりのある親切な説明をうけました。
 
痔の入門編を通り越して、いきなり中級編になったんだろうと、自分では解釈しました。
 
はいさい

5時の方向にお尻の穴が一つ増えました。
 
身体がチョイ悪オヤジになりました。
 
田中です 皆さんこんばんは
 
きょうから「療養中」になります。
 
 
さて
 
先週の月曜日の日記で
 
娘・さくらとの11時間のお留守番について書いていました。
 
あの日の前夜は本当に緊張して、なかなか眠れませんでした。
 
機嫌を損ねて本気で泣き出したさくらは、オヤジじゃ手がつけられないからです。
 
ワイフが出発前に僕に言いました
 
「ウチの近くに子育て支援センターがあるから」
 
「そこに行けばさくらのお友達も沢山いるし」
 
「保育士さんが面倒みてくれるから」
 
「困ったらそこに行ってみて」
 
と・・・
 
さくらと2人になって約5時間が経過する頃
 
リーサルウェポンだったテディベアーも飽きられ始めた頃
 
オヤジは子育て支援センターへ行く準備を始めました。
 
「こっこーま」と呼ばれる施設には一番乗りでエントリーしました。
 
先生が、一瞬怪訝そうな表情を見せたあと
 
「あっ さくらちゃんのお父さん!?」
 
「お父さんがここに来られる事ってないんです」
 
「今日はお父さんも楽しんでいって下さい」
 
なんとか受け入れてもらえました。
 
我が家より広い施設の中には沢山の遊び道具があり、さくらも嬉しそう
 
そうこうしている内に、次々にさくらと同世代の子供たちがママとやってきて
 
「あっ さくらちゃんの パパ??」
 
「あ〜 さくらちゃんの お父さん〜」
 
「さくらちゃんの パパ だって〜 」



そして

気がつけば

僕の周りは

カワイイ子供たちと

カワイイ若手ママさん

だらけ



オヤジは知りませんでした
 
パラダイスって夜の美崎町だけじゃなくて、昼間の大川にもあったんですね
 
 
遊んでいる子供たちを見ていると
 
各自が色んな性格・個性を持っている事に気付きます。
 
沢山の子供たちと過ごした時間は
 
とても新鮮な時間でした。
 
解散前には、その日に初めてやって来たお友達とママの自己紹介コーナーがあり
 
その後で、珍しく現れてしまった「お父さん」の挨拶コーナーがナゼか新設され
 
オヤジはいつもとはちょっと違う調子で皆さんにご挨拶
 
帰路に着きました。
 
子育て支援センターで大ハッスルしていたさくらは、帰宅と同時に暴睡・・・
 
同じくハッスルしていたオヤジもその横で、夕方さくらにペチペチ叩かれて起きるまで暴睡です・・・
 
起きたオヤジはさくらとお風呂に入り、晩ご飯を食べてもらい
 
そして
 
もしかして俺から離れたら泣き出したりするんじゃないか!?と
 
わずかな期待をしながらさくらと共にワイフを迎えに行きました。
 
しかし、僕の期待は儚くも散り
 
迎えに行ったその足で、翌日に島を経つROOKIES達がいる



夜の美崎町に

オヤジは

消えていくので

ありました。
 
男塾度・・・33


コメント(2)
トラックバック(0)