八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
お食事中の皆さん、すいません。
2010/02/03 16:38:44 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 水曜男

はいどーも!!加藤鷹です、こんにちわ



先日初めて大腸の内視鏡検査というやつを受けました。

主たる病の低血糖は良くなってきているんですが長年の血糖値の乱れによる他の部位のダメージがところどころ出てきているようです。まあでもひどいものではないし具体的で目に見えるダメージというのが逆に安心できます。

わけわからんのに不調というのが一番つらいですからね。


大腸の内視鏡検査というとオシリからカメラを入れるわけでやっぱりビビリます。ここ数日間は“オシリから管を入れられる”そのイメージトレーニングを繰り返ししておりました。



男塾日記ファンの皆さんデジャビュですか(笑)?(月曜男参照)別に流行っているわけではないですから



兄さん、僕も『ケツの穴の小さい男』卒業です(笑)


病院に着くと2リットルの下剤入りの水を飲み干さなければならないということ。これが一番きつかった、時間かかったし。逆に検査自体は麻酔のトリップ感で訳のわからないまま過ぎ去りました。

ただ、カメラが入り口に入る瞬間underworldの『born slippy』のイントロが頭の中に流れました(笑)


検査後、その場で検査結果が伝えられます。結果としては僕は満足いくもの、でした。“ちゃんと異常があって”、僕の感じている痛みや不快感には理由がちゃんとあった。しかも“焼け野原”みたいなひどい状況でもなく、自分の中で感じる不調と体の実際的なダメージがしっかり釣り合った感覚です。


と、いうわけで安心しました。異常はあったけれど。具体的で目に見えるダメージは僕にとっては骨折みたいもので。だから大丈夫です!!




余談ですが今回初めて“肛○科”に赴いたわけですがこれで僕、病院の『〜科』コンプリートではないだろうか。生涯グランドスラムみたいなもんです。スタンプカードとかあったら検査一回分タダとかになりませんかね?



小さい頃から怪我が多く、大人になっても病院にお世話になっている、両親にものすごい心配をかけてきたんだなーとこんなところで思います。と同時にものすごく感謝しています。

皆さんも体のメンテは怠らずご自愛ください、とほんとに思う加藤鷹でした



男塾度…99



コメント(0)
トラックバック(0)