八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
あと、三日。
2010/02/10 19:44:30 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 水曜男

最近こちらでは雪が降りました。

八王子が久しぶりの雪化粧に包まれて懐かしい感じがしました。ここ二、三日の好天で雪は解けてしまいましたが豪雪地帯では例年以上の雪が降っておるとニュースなどでよく見ます。


対してオリンピックを控えるバンクーバーでは雪不足が深刻なようです


雪を輸出できたらなー


はいどーも!!加藤鷹です、こんにちわ


後三日でバンクーバーで冬季オリンピックが開催されます。


日本には四季があるとはいえ夏季オリンピックよりは馴染みが薄いと思います

(雪が少ない東京に住んでいるからかな?)それに独特な競技が多いということもあると思います


たまに見ていると『 !? 』と浮かんでしまうような競技がありませんか?



バイアスロンとか

リュージュとか

ボブスレーとか



僕が始めて冬季オリンピックを見たのは1992年アルベールビル五輪


初めて見た冬季五輪で僕が一番『 !? 』となったのはスキーのジャンプ競技


人気の競技の一つですが『この人たち何をしているんだろう?』と思ったのをまだ覚えています。

よく考えてみると

何を飛び越えるわけでもなくスキーとして滑るわけでもなく、です。




『いったい誰が最初にこの競技に踏み出したのだろう?』



いまだに思います(笑)


しかし、ジャンプ競技は冬季五輪の花形


リレハンメル五輪の原田選手の失敗ジャンプや長野五輪の金メダルなどいくつもドラマを生んでいます。見るたびに『なにしてんだろう…』と思うと同時にやっぱり見いってしまうんですよね。



そこで僕は考えました。

坂の途中に小さい小川でもチョロチョロと流すんです。で、そこをジャンプで越える。とりあえず何かを(小川を)飛び越える体裁を作ったりしてジャンプすることに意味を少しだけもたせよう!!



ってのはいかがですかね?



まあ意味は無いけど(笑)



あ、余談ですけどこのバンクーバー五輪のロゴは何がモチーフなのか?



…人?




男塾度…99



コメント(0)
トラックバック(0)