八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
暖冬の影響
2016/01/18 18:55:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 月曜男

昨日  1月17日の朝

7歳になった長女・さくらは、縁側のガラス戸を開け

庭の桜の木を見つめながら

「さくらのさくらの木がお祝いしてくれないぃ」

悲しそうに呟いていましたね。




2009年の1月17日  長女が生まれた日

我が家の庭にある「緋寒桜」の花が咲きました。



この日花が咲いたことから

長女はさくらと名付けました。

その経緯は本人も分かっていて、毎年この時期になると

「さくらのさくらの木がどっちゃらこっちゃら」

言ってましたね。



桜といば春の訪れを知らせてくれる花

暖かくなってくると、南の方から桜前線なるものが北上して

日本全国を春色に染めていくイメージですよね。

ここでいう桜とは、その殆どが「ソメイヨシノ」といわれる種で

このソメイヨシノの開花のスイッチは「暖かさ」

なので、暖かくなり始める南の方から徐々に開花していくのですが

沖縄の桜 「緋寒桜」 の開花のスイッチは「寒さ」なのです。

ですので、ソメイヨシノとは逆で、緋寒桜前線は沖縄本島北部から徐々に南下してくるのです。



さてはて

この説明をさくらにしてやらなきゃなー

って思ってますが、昨日から丁度冷え込み始めたので

今日あたり咲くかもしれませんねー

田中でした〜

男塾度・・・11.7


コメント(0)
トラックバック(0)