八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
替え時
2010/07/29 10:57:26 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 木曜男
同じ漁サンを2年間履き続けている木曜専属の和尚です。

決して2年もっているからと言って仕事をしていないわけではありません!!

新しいのを買うお金が無いのではありません!!

仕事もしています。もうストックもあります。

漁サンがこんな状態になろうとも・・・

新しい物と比べてこんなに底が削れていても、まだまだ新しい漁サンに替える気にはなれません。

なぜか?

仕事に支障は無いからです。

こんなに底が削れていても船の上では全く滑りません。

さすが MADE IN JAPANです。

替え時は底が削れて削れて足の裏が見えたら交換時です。

なのであと1年半くらいは持ちそうです。

ただ、新しい漁サンに替えるとしばらくの間少し背が伸びたような錯覚に陥るのが大好きで、

時々新しいのを出してみては葛藤と戦ってみたり・・・

先輩方と色がかぶらないよう新しい漁サンを買って、そろそろ替えようかなと思っていたら

先輩とかぶったり・・・(※色がかぶっても怒られるわけではありません)

正直に言うとただ単に、替え時を見失った和尚でした。


男塾度・・・60






コメント(4)
トラックバック(0)