八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
ぶらじる丸
2007/12/08 18:41:13 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 経済のお話
uppic 今日も色々なニースがありました。目を引いたニュース紹介しましょう。

時事通信社

三井造船が建造した世界最大級の鉄鉱石運搬船の命名・引き渡し式が7日、同社千葉事業所(千葉県市原市)で行われた。船名は「BRASIL MARU」。ブラジルに多数の移民を運んだ貨客船「ぶらじる丸」の3代目となる。
 同運搬船は全長340メートルと、東京タワーを横にしたよりも長い。幅60メートルで積載重量は32万3000トン。来年から新日本製鉄の専用船としてブラジルの鉄鉱石を年間140万トン運ぶ予定だ。

とてつもなく大きなメガタンカーですね。工業製品に必要な原材料を、ブラジルと日本を結びこれから22年間私たちを支えてくれるタンカーがひつそりと出航しました。

今後予想される燃料高騰などの課題を、積載量を増やして効率化を目指すと言う事でしょう。でも、大きいですよこれは。勿論、世界最大級です。

「ぶらじる丸」というのは実は3代目だそうで、初代は客船としてブラジル移民に使われていたのですが軍用に徴用され沈没、2代目は純粋にブラジルへの日本からの移民を運び続けた船でした。そしてこの船を命名するにあたり、「ぶらじる丸」と決めた理由としてブラジル移民開始の100周年の位置づけとしてだそうです。

古い画像は2代目「ぶらじる丸」です。時代を感じます。中の画像もありましたが、立派でしたよ。バーやラウンジもあり、当時、造船の最高技術で作られたそうで、スピードも20ノット以上出たそうです。ノットは調べてくださいね。全長は145m、総トン数10,100t。

夢・希望を胸に25万人とも言われる貧しい農村出身の人たちが新天地に向かっていきました。現在、その子孫達がブラジルに150万の日系社会を築きあげたのです。

そのブラジルから、今度は鉄鉱石を運んで戻ってくるので何だか思いもよらない再登場ですね。

移民と言っても大昔のような感じですが、2代目ぶらじる丸は、1953年〜1967年まで就航していたのです。日本は奇跡的な経済発展を遂げたので1960年代はまだまだ実は貧富の差が激しかったのです。

私の育ったところも劣悪な環境で、DDT散布がまだあった場所でした。。。しらみや病原菌を殺すというあれです。若い方には馴染みないでしょう。因みに私の生れは1968年です。まだ白黒テレビで、見ないときは布がかぶせている時代でした。。。。

そんな事考えながら、ぶらじる丸のニュース見てました。

そうそう、ところでこの「ぶらじる丸」あまりに大きすぎで港の水深が20m必要だそうで、停泊できる場所が、建造された千葉県の造船所と大分県の新日鉄大分の岸壁の2箇所だけだそうです(~_~;)
uppic
トラックバック(0)

神の手?
2007/12/06 14:29:21 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
uppic 知り合いから送られてきた雲の画像です。

恐らく携帯で撮影したものですので画像自体少し荒めです。元のサイズより50%ほど拡大しています。

自然現象としても何やらすごいですね。

光の加減でしょうが、見事に「手」に見えますがどうでしょう・・・

今年も残すところあとわずか、全ての悪いものを持って行ってくれているなら、こんなのも大歓迎ですな。
トラックバック(0)

日本の国力としての源泉
2007/12/05 03:40:28 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 経済のお話
教育というのは、志望校に合格するだけではなく長期的にみると、次世代の国を担う力です。この教育という根本的な考え方に日本はようやく動き始めたかにみえますが今回の世界的ないわゆる「学力=理解度」では徐々に落ち始めています。

私は教育現場の人間ではないのですが、子供の頃はよく読書をして、勉強も出来ないなりに頑張りました。先生に「馬鹿もの!」なんて叱られながらやったものです。

近頃の教育現場では驚く事に、生徒を「○○さん」なんて呼ぶようでまるで信じられない事になっています。先生が怒鳴れば親が学校に苦情を言って来ては、学力以前に「人間性の教育・集団生活」の場である学校がまるで生徒がお客様のような現在、素人目にみても優秀な人材が多数生れる環境ではないですね。

教育委員会も誠心誠意教育に熱心に行動を起そうとしても、何やらうまくいかないようです。

当然、素晴らしい先生方は沢山いるのでしょうが、結果、日本の学力は理解力・応用力不足と言う燦燦たる結果になっています。これはまさに、学校云々の責任ではなく、紛れも無く、我々大人の責任です。

資源に乏しく、知力と調整力で繁栄を築いてきた日本の知力は世界に誇れる最高のモノを作り出してきました。その根幹が大きく揺らぎ始めているこの現状、怖く感じます。

少し強硬な内容ですが、我々も関心を持って、これからの子供達の為の環境づくりに何かアクションを起したいものです。

とにかく、子供の目の前で携帯メールに夢中になる親御さんが目に付くこのごろ、「親の背中を見て育つ」は死語になるのかな・・・・

頑張りましょう、日本。


因みに日本での全国統一学力テスト1位は富山県です。このテスト、小学校の時に良くやりましたよね・・・・年齢分かっちゃいますね。。。


記事です。日経より拝借。

数学的応用6→10位、科学的応用2→6位
 経済協力開発機構(OECD)は4日、世界の57カ国・地域の15歳(日本では高校1年生に相当)約40万人を対象に昨年実施した学習到達度調査(PISA)の結果を公表した。数学的応用力は6位から10位に、科学的応用力は2位から6位に転落。前回の調査では読解力の低下が課題とされたが、今回は科学的、数学的の応用力も「1位グループ」から離脱した。

 調査は2000年から3年ごとに実施され、今回が3回目。OECD平均を500点とすると、数学的応用力は523点。前回に比べ11点下がり、参加国では2番目に大きい下げ幅となっている。1位の台湾とは26点の開きがある。科学的応用力は前回より17点低い531点で、フィンランドを32点下回る。いずれも回を追うごとに平均得点が下がっている。

 数学的応用力では、高得点の生徒の割合が低下し、得点上位5%に位置する生徒の得点が前回に比べ23点下がるなど、得点上位層が落ち込んだ。OECDが「生産的活動に従事していける」とする習熟度に満たない生徒の割合は依然10%を超えており、フィンランドの倍となっている。

 前回下落が際だった読解力では、平均得点は498点で前回と同じだが、参加国増加で順位は14位から15位に。

 科学的応用力では、意識調査も合わせて実施されたが、30歳時に科学に関連した職に就いていることを期待すると答えた生徒の割合は8%にとどまり、OECD平均の25%を大きく下回った。


トラックバック(0)

マヤ暦
2007/12/02 21:35:39 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
uppic 「13の月の暦」とは

 普段我々が使用しているカレンダーはグレゴリオ暦といいます。当たり前に使っているので疑問に思わないかもしれませんが、何故毎月の日数が不規則なんでしょう?。
 1年で、地球は太陽のまわりを1周し、月は地球のまわりを13周します。この太陽と月の周期をもとに作られたのが、「13の月の暦」です。この暦は、地球に暮らものにとって一番自然なカレンダーであり、心と体のリズムを整え、自然のリズムを感じながら暮らすために作られたカレンダーなのです。

 「13の月の暦」は、グレゴリオ暦の7月26日から翌年の7月25日までを1年間として、ひと月は28日間、1年は28日×13ヶ月+「時間をはずした日」の合計365日で構成されています。したがってグレゴリオ暦の7月26日は、「13の月の暦」の元旦にあたり「磁気の月1日」となります。(うるう年の2月29日は28日と合わせて1日と考えます)

因みに毎年、グレゴリオ暦・・・つまり今のカレンダーの日は曜日の内日で、精神を開放する日だそうです。

そんでもって今はどんな月かと言うと・・・
■「倍音の月」(11/15−12/12)
「自分自身の最高の能力を引き出すには?」

 倍音の月は「13の月の暦」の5番目の月にあたります。
この月は、自己存在の月で作った目標達成のための内面的な足場をもとに、必要な物や人と積極的に関係を築き目標に向かって、ひたすら行動する月です。多くの可能性の中からある一点に絞って行動する事で、自分の使命と同化する・・・ような位置づけだそうだ。

今日はというと・・・・
「青い磁気の夜」
Blue Magnetic Night
(直感を引きつける日)
私は直観を引きつけることを夢見るために統一する。
私は目的という磁気の音で豊かさの入力を封印する。

らしいです。皆さんどうですか?

簡単講座・・・

マヤ暦
マヤ暦の13ケ月の暦がいま見直されています。 月というのは1年間に13回満ちるですから13ケ月の方が自然の理にかなっていると思います。

月は胎児や女性の周期と連動している。 それに潮の満ち引きとか、この地球のすべての生命(いのち)のリズムのウエ―ブとリンクしている。月の暦を使わないと本当に変な不自然な動きになってしまう。 

このマヤ暦で面白いのは、一年が13ケ月で構成されていて1ケ月が28日になっている。 28日周期というのは、7で割り切れるから、毎月28日は土曜日で終わって月の始まりである1日は日曜日から始まる。 つまりお日様から始ります。

さらに面白いのは13日は毎月金曜日です。13日の金曜日というのは何か意味がありそうですね?










トラックバック(0)


[ 前のページを表示 ]