八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
台湾情勢
2008/06/14 04:58:38 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 世界のお話
uppic 【台北支局】尖閣諸島・魚釣島近海の日本領海内で10日、日本の巡視船と台湾の遊漁船が接触した事故で、台湾の劉兆玄行政院長(首相)は13日の立法院(国会)答弁で、日本との領有権をめぐる争いでは、問題解決の最終手段として「開戦の可能性を排除しない」という強硬姿勢を示した。

尖閣諸島での衝突事故に対しての台湾の反応です。尖閣諸島の住所は、石垣市登野城1丁目です・・・。

ご存知の方多いかと思いますが、先の台湾選挙で当選した馬氏は中国よりの立場を表明して当選した方ですが、今までと違う政策を数々打出してきています。勿論、日本側との関係ですが、近年、石垣とのチャーター便や経済の交流など少しずつ活発になりつつあった矢先に、「開戦の可能」という言葉を日本に向け発しています。

どのような体制化であっても「開戦」という言葉を他国へ発進するということは許される事ではありません。

日本の外交が機能していない証拠です。

琉球諸島に関しても、中国領土というこの頃触れられていなかった「領土問題」を再燃する発言も台湾側はしているようです。さて、さて、その真意はどうであれ、一部の人間はそう考えていると言う事です。

私たちの住む八重山は仮に侵攻を受ければ1時間ほどで陥落するシュミレーションがあります。

今、なぜ、台湾は日本に向け「開戦」という言葉を選択したのか、その真意を冷静に考えなくてはなりません。

因みにこちら東京では、あまり取上げられていません。

画像は台湾軍の潜水艦や対空母ミサイル、対戦車ヘリです。
uppic uppic
トラックバック(0)

2008/06/14 04:18:58 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
uppic

東京の朝は早いです。鳥の鳴き声でふと外を見たらもう明るくなり始めています。

気持ちがすっきりする空気です。さて、仕事の区切りがついたので床に入ります。
トラックバック(0)