八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
一服
2008/06/16 23:01:42 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
uppic

社宅近くでひっかけます。

感謝。
トラックバック(0)

仲間入り
2008/06/16 18:05:14 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
uppic

殺風景な部屋に仲間が増えました。

ハイビスカスちゃんです。蕾が10個はあるから楽しみ。東京は梅雨に突入していくので気分だけでもと思って。

今日は天気が良かったので布団干したり、換気をしたりと太陽を沢山取り込みました。

仕事もやりながら。
トラックバック(0)

ル・マン24時間耐久レース
2008/06/16 17:07:20 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 経済のお話
uppic 世界的な自動車耐久レース「第76回ルマン24時間」の決勝レースは15日午後3時(日本時間午後10時)、仏ルマン市のサルト・サーキット(1周13・629キロ)でゴールを迎え、アウディ・ノースアメリカ・チームのリナルド・カペロ(伊)、トム・クリステンセン(デンマーク)、アラン・マクニッシュ(英)組が優勝した。24時間で381周を走った。アウディ勢は5年連続優勝、クリステンセンは自己の持つルマン最多優勝記録を更新する通算8度目の優勝となった。


ル・マン24時間レース知っていますか?車好きじゃなくても聞いた事があるかもしれません。僕は車そんなに好きと言う訳ではないのですが、子供の頃から知っているのです。過去、日本のメジャー自動車メーカーも参戦していましたが、この頃はF1に資本注入の政策転換などで露出の多いものにシフトしてしまい少し残念です。

日本メーカーの優勝は1990年のマツダがあり、トヨタ・ホンダ・ニッサンの優勝は未だありません。マツダのこのレースの世界制覇は伝説になっています。

世界三大レースの一つになっているこのレース、F1などの総合優勝より評価される欧米では権威あるレースなのです。

さて、この権威ある過酷なレースに、何と日本の大学が参戦したのです。東海大学のチームです。昨年参戦を表明してから、車体・装備・エンジンなどを学生が主体になりメーカーがバックアップするという「チーム・ジャパン」がル・マンの話題を独占しました。

大学のチームが参加するのは今回が初めてなのです。このレースに参戦許可が下りるほど、東海大学の体制はしっかりしていたと言う事です。素晴らしいですね。もう少し、日本全国で取上げられるべきニュースですが、レースが終わったこれからが美談として広まるでしょう。本当は、参戦を表明してから産業界がもっとサポートしてしかるべきなのですが・・・・

このニュースは、他の大学もそうですが中小企業などのメジャーでないメーカーにも勇気を与える「事件」でもあると思います。

内地だから出来るのでは無く、それぞれの立場の人間がやり通す勇気があるかどうかです。

沖縄の産業ドリームチーム、いつ出来るのかな?

東海大学ル・マンチームの結果はと言うと・・・

大学チームによる挑戦として注目された東海大チーム(鈴木利男、影山正美、黒澤治樹)はスタートから約18時間後の186周目を周回中、動力伝達系と思われるトラブルでコース上にストップし、リタイアした。

胸張って帰っておいで!GOOD JOB!

uppic uppic
トラックバック(0)