八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
夜ご飯
2009/01/31 18:38:48 ブログカテゴリ 健康 | 書庫 全般
uppic

カップめんが多かったので、久しぶりにちゃんこ鍋(^o^)
トラックバック(0)

アルパカ
2009/01/31 13:58:08 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
CMで登場してから、なにやら人気が出ているようですね。

アルパカ。

ラクダの仲間で、ビクーニャ・リャマ・グアナコなど近い種類の仲間が南米の厳しい環境に適応して生息しています。アルパカは家畜として古くは南米インディオのマントなどに使われていますね。

アジア雑貨店などに行くと、カラフルなストールや帽子がありますね・・・本格的なペルー産のものなら間違いなくアルパカの毛を使っています。

お店の名前でも多いですね、アルパカ。

不況になると癒し系のおっとりとした動物に人気が出るそうですよ、、、
動物園でもひっそりと展示飼育されていたアルパカは急に人気が出るのかも知れません。

トラックバック(0)

真珠・パール・珍珠
2009/01/30 19:12:01 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 私の仕事の事
2009年に入り何だかんだ忙しくなりありがたく過ごしています。東京は今日は雨、湿気が戻ってきて嬉しい。。。
インフルエンザで学級閉鎖も小学校を中心に多いようです。皆さんのところは大丈夫ですかな?

先ごろの展示会でのフォローは何とか出来ているのですが、私達としても何とか頑張ってクライアントに情報を提供しようと頑張っているところです、はい。

今日は真珠のお話しを1つ。

真珠を作る貝は・・・池蝶貝・ひれ池蝶貝(淡水)・アコヤ貝・黒蝶貝・白蝶貝・マベ貝など養殖では七種類程が商業用で知られています。2枚貝でないと基本的には真珠層というものが生成されないのです。

アワビやコンク貝なども美しい「真珠」を作ることは知られていますが、正確に言うと「真珠」ではなく「真珠もどき」になります。真珠というのは人間の爪のよな何層ものカルシウムのレンガがコンキオリンというタンパク質が接着剤の役割になって規則正しく積み重なっていって始めて、美しい光沢が出てきます。このあたりは動物学になってしまうので省きます。

さて、真珠には過去面白いものが沢山出てきています。日本にも縄文時代の遺跡から「アコヤ真珠」が出てきています。かのクレオパトラも真珠をこよなく愛していました。イギリスの海外征服は必ず真珠が取れるところとリンクしています。香辛料目当てでの領地拡大と、王妃のリクエストで真珠が取れる国々を手に入れていったのです。

そんな歴史のある真珠ですが今までに一番大きな真珠はどのくらいなんでしょ?ダイヤの原石などの話しは「時価○○億円」とかニュースになりますね。





この真珠は1934年ごろ、フィリピンで見つけられたシャコガイが作った模型ですが6.3kgあったそうです。恐らく「真珠」ではなく「のようなもの」だったと思いますが、記録としてはこの真珠が世界最大ということになっています。










歴史的有名なこの真珠は天然真珠で「ホープパール」とよばれる真珠でこれは正真正銘の白蝶真珠のバロックタイプですね。90g・・・450カラットくらいですか・・・サイズは11cm以上長さがあるのでその大きさは判りますね、でかいですよ、これは。





では養殖真珠ではどんなもんでしょう、養殖真珠とは人が人為的に作る真珠。今、ほとんどの真珠がこれですけど・・・




1966年12月21日に日本人が挿核した真珠貝から特別大きな養殖真珠が採れました。光沢は非常によく、色は銀色、形はバロックでした。重量は9.80匁(もんめ)、幅は32mm、高さは 41mmでした。現在世界一大きい養殖真珠です。

匁というのは真珠の重さの世界共通の単位です。1匁=3.75gです。

なのでこの真珠は36.75gです。

そうそう、5円玉は3.75g・・・・そうなんです、1匁です。雑学程度に覚えておいて下さい。どこかで役に立つかも。。。









始めのシャコガイものは真珠ではないので恐らく、この真珠が世界最大の真珠だと思います。。。





ミャンマー最大の天然ブリスター真珠はミャンマーとタイ国境の南端カキマグレオ漁場で2001年4月19日に発見されました。真珠の表面は脳のような形で色は銀色かかった光沢をしています。重量は45.06匁でサイズは62x50x31mmです。真珠貝から取り出した真珠で最大の天然真珠です。 これはなんと168g以上ある天然真珠です。

いやいやここまで来ると恐ろしい。。。。















でも、控えめな真珠が一番。


                                                                                                                                  





 







トラックバック(0)

荒れる2009年
2009/01/29 20:08:41 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 私の仕事の事
消費低迷、消費マインドの低下・・・・日本全体を不穏な空気を覆っています。昨年年末より企業倒産や民事再生法の申請など戦後2番目の多さとなりました。

バブル後には不動産・建築会社と、憂き目に会う業界は限られていましたが、今回は少し趣が違うようです。製造業や小売業、大手企業など、業種業態は万遍なく・・・・ましてや一概に金融危機が原因ではない印象を私個人的には持っています。

先週展示会期間中、大手宝飾チェーンが民事再生法適用を申請。ここはCMも積極的にやっていたので一度は見たことあるでしょう。取引先や納入業者の皆さんは今後の成り行きを静観しています。この企業は、ピーク時に1200店舗を日本全国に展開、年商1853億円を計上していましたが、多店舗展開が裏目に借入金の膨らみに耐え切れなくなり店舗削減を行い、現在は190店舗程にスケールダウンしましたが万事休す。今回の処置になりました。




今日は、北の大地、北海道で歴史のある大手百貨店が民事再生法適用を申請したとニュースがありました。北海道の名門中の名門。創業者は、新潟県三条市出身の開拓移民者でした。

ここの百貨店は何度も仕事でお邪魔した事があり、懐かしい所でもあります。知り合いも多くいますし定期的に連絡も来ていましたからそろそろかな・・・とは感じてはいましたが・・・



今井藤七翁。幼少の頃から苦労を重ね、父の頑固な性格が仇となり無実で投獄され、家命復活の場所を北海道に決心し一族郎党、移民をしていった創業家です。

その後も一族経営は続き、バブル時代の多角経営が足かせとなり、不採算事業の切り離し、道内にあった不採算店舗の閉鎖などあらゆる手建てをしましたが万策尽き・・・・



1990年代から、メインバンクの北海道拓殖銀行の破綻や地域不景気の煽りを直に受ける形となり士気も低下、販売業績も伸びず、祖業者のが日本国内初といわれる正札販売(昔は大人料金・子供料金があったそうな、今で言うセールとは違うようです)を始めて子供料金に果てしなく近い値段設定をするなど消費者側に立った、経営理念も開拓魂と同じほど先見眼を持っていたようです。


後を任された物たちは中々うまく行かないのでしょうか・・・何か構造的に問題があるのだろうか・・・いや、しかし・・・日本の企業は世界的に見ても長寿の企業(100年以上)が世界で一番多い国だそうです。



今井家の商売心得のいくつかを紹介しましょう。


商売は人生の持久戦

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
勝利を得ようと思ったら平凡にやれの一言に尽きる。道は近くにあって遠くにはない。日常、特別にかわったことや奇想天外なことをやるのではなく、平凡なことを非凡の努力を払ってやることが大切だ。つまり、平凡な仕事のなかに自己を没入し、一生懸命働き、自己の精神をその仕事に傾けてこそ事業は成功する。実業家は経済・財政・商業の知識を常に向上してどんな難関にぶつかっても、これを静観し、機を見るに敏でなければならない。そこに商売の神髄をつかむのが商人の本命。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

商人は順調の時だといって心を許していると失敗する。不況だといって、いたずらに悲観しているばかりではなお能が無い。不況の時にこそよく熟慮し先を考えることだ。 

と常日頃から言っていたそうです。

残念な企業が1つ去ろうとしています。今井藤七翁享年67歳。1871年4月(明治3年)新潟から渡道。翌1872年創業。  



トラックバック(0)

祝 H2Aロケット打上成功
2009/01/26 23:27:38 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 宇宙の話し

展示会が終わり今日から通常業務になりました。さてさて、この間、アメリカでは新大統領の就任式や大相撲の朝青龍の優勝、はたまた、全く決まらない「定額給付金」のごたごた、イスラエルのガザ空爆など・・・世界も激動の一週間でした。


そんな私が個人的に一番のニュースとして喜んだのが、23日に種子島宇宙センターから打上に成功したH2A型15号機・・・悪天候の為に順延になっていましたが、無事、成功。今日は搭載していた衛星も運用準備が整い、全てが順調に進んでいます。

今回の特徴は何とっても、「相乗り衛星」でしょう。。。世界初の温室ガス測定衛星「いぶき」の他、東大阪の通称「まいど1号」や大学生が作った衛星など・・・主衛星を入れて合計8基の衛星が宇宙に向かって行きました。


日本の宇宙科学技術の遅れを心配している報道も多いのですが、遠隔操作技術やロケット姿勢制御技術やハイビジョン技術、画像解析技術や分析技術は、世界No1なのです。

ましてや、町工場や大学生が過酷な宇宙環境に耐えられる衛星を作ってしまう技術底辺もまだまだ健在。理工系離れはあるかもしれないけど、このような衛星採用があると、今、理工系が好きな若者や子供達にも夢が与えられていいと思うのです。


ものづくりが日本の生命線であり、世界の頭脳といわれる優れた学者達、宇宙工学や海洋研究や環境対策に日本は地球に対してどれほどの貢献をしていくでしょうか・・・楽しみです。


このごろ元気のない空気が漂っていますが、必ず笑顔の日本になりましょう。








今回の打上の主役、CO2観測衛星。京都議定書で決定した二酸化炭素削減を宇宙から観測する為の日本独自の観測衛星。世界中からその成果を期待されています。

地球温暖化のプロセスが初めて科学的な目で観測する事が可能になります。

衛星本体はマイクロバスほどの大きさがあります。開いているのは太陽電池パネル。













相乗りしていった衛星達・・・・これからパワーがある限り、地球を見つめ続けます。













トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]