八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
村野四郎
2009/02/28 18:58:43 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

東京での拠点、三鷹は武蔵野のの面影残る場所で落ち着いた地域です。東京でありながらどこにも属さない独特の雰囲気があり、かつては、日本を代表する文壇や作家が生まれ、集った場所でもあるのです。

天皇・皇后両陛下も時々お越しになる由緒ある土地柄でもあり、前にも紹介しましたが、三鷹の由来は徳川御三家、尾張・紀州・水戸の各徳川家の鷹狩りの場所として一般人には中々立ち入る事の出来ない場所でした。

さて、三鷹限定ではないのですが、武蔵野で活躍した詩人で「村野四郎」という詩人を紹介します。






村野四郎はドイツ近代詩に影響された、リアリティに富んだ作風で、実在主義というスタイルを確立した詩人で1975年3月2日に亡くなった詩人です。


村野四郎の作品はある種独特の「残忍さ」というのがあります。作品に登場する動物や物が擬人化され、読んでる人の目線になっているという現実を突きつけ、思考させるのです。

好みもあるでしょうが、何種類か紹介しましょう。











さんたんたる鮟鱇

       へんな運命が私をみつめている リルケ

顎を むざんに引っかけられ
逆さに吊りさげられた
うすい膜の中の
くったりした死
これは いかなるもののなれの果だ
見なれない手が寄ってきて
切りさいなみ 削りとり
だんだん稀薄になっていく この実在
しまいには うすい膜まで切り去られ
もう 鮟鱇はどこにも無い
惨劇は終っている

なんにも残らない廂から
まだ ぶら下っているのは
大きく曲った鉄の鉤だけだ

*鮟鱇・・・アンコウ ですよ。。


鹿


鹿は 森のはずれの
夕日の中に じっと立っていた
彼は知っていた
小さい額が狙われているのを
けれども 彼に
どうすることが出来ただろう
彼は すんなり立って
村の方を見ていた
生きる時間が黄金のように光る
彼の棲家である
大きい森の夜を背景にして

この詩は瞬間の「生」に光を当てているものです

放心状態から無に・・・

まさに射たれようとしている鹿の、虚脱感、恍惚、感動的ニヒリズムを詩的に描くことによって、
その状態に置かれた < 生きもの > の悲哀を静の世界に凝縮しているすぐれた作品です。














昆虫採集箱

小児の貪らんは日々につのり
(--かくして稚いゆめは食われ--)
数多い 小さい理解の犠牲者が
日にうつくしい意外となって並列べられる


おさない手が青い留針を持って
美しいものの脊から胸へと刺しつらぬく

小さい科学者よ
防腐剤を忘れるな!せめて腐らぬ様に--





時には時事物もいいですが、文学の本を読んでみるのもいいもんです。














トラックバック(0)

三鷹幼稚園
2009/02/28 14:46:41 ブログカテゴリ 健康 | 書庫 全般
uppic

とても懐かしい建物の幼稚園です。梅が満開(^o^)
トラックバック(0)

昼ご飯
2009/02/27 15:21:18 ブログカテゴリ 健康 | 書庫 全般
uppic

恒例の3時過ぎセール。半額でした(^o^)

2つで五百円しないのだ。ありがたやありがたや。
トラックバック(0)

2009/02/27 10:54:50 ブログカテゴリ 健康 | 書庫 全般
uppic

ここ数日寒かったのです。雨が雪に変わりました。

積もるんだろか?

交通機関が心配な都内。。
トラックバック(0)

ルーリン彗星最接近
2009/02/25 20:01:56 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 宇宙の話し
2007年7月に台湾のルーリン天文台で発見された彗星が、昨日、最接近しました。

発見当時から「青い宝石」と言われた美しい彗星で、台湾から近い石垣の天文台が発見していれば、石垣彗星だったかな?

タイトルが「再接近」と間違ってアップして直したんですが、トップページの表記が直らなかった。。。「最接近」です。





青い宝石・・・・












飛んでいるように見えると飛行石みたいですね・・・











私達の取り扱っているダイヤモンドの中に、ルーリン彗星のようなダイヤがあります。

きれいでしょ?特殊な光を当てると飛行石になるんです。







次にルーリン彗星が地球に接近するのは数万年後・・・・宇宙へ普通に見に行く時代になっているでしょうね。それか、映画のように彗星上陸ツアーみないになってたりして。。

彗星画像、Astro Artsさんから借用m(__)m









トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]