八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
加賀野菜のイタリアン。
2012/08/31 21:54:01 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 行く先々の話し。

お国野菜は日本全国にあります。今お邪魔している北陸地方にも加賀野菜というブランドがあります。その野菜を使ったイタリアンのランチを食べた。ウマかった。

加賀野菜はブランドとして現在15品目が認定されていて、定義は昭和20年以前から金沢で栽培されている野菜・・・と、かなり厳格な基準があるんだ。

加賀野菜について、詳しくはこちらをご覧下さいな。
http://www.kanazawa-kagayasai.com/kagayasai/index.html

そんな加賀野菜を使ったイタリアン・ランチは地元の方で賑わっていました。

生ハムで巻いた加茂瓜(かもり)を使ったプレート料理。








































加賀太きゅうりを使ったメインのパスタ。パプリカもアクセントになってウマかったなぁ。。








































美味しいお店は今となると珍しくない。日本人は器用なので「味」に関してのコピー、そして「上手」に作るのは得意技だ。どのようにして地域の特色を出していくかがお客としての見る部分だな。

「地産」「ご当地」すら珍しくない言葉でウリにはもはやならない。。。

日本各地に行きますが、使っている食材やその食材の地域での歴史など・・・語れるメニューのあるレストランやカフェにはいつ行ってもお客さんで賑わっています。そうで無いところは、価格を下げるか、お徳メニューにするかの消耗戦に組み込まれてしまっているようです。

お店だけで特色を出していくのは本土ではよっぽどの事のようです。

食材を使ってお客さんに提供するレストランの皆さんの試行錯誤は大変だろうな・・・と思いながら、ランチを頂きました。

頑張れ!全国のオーナーシェフ。

トラックバック(0)

新潟でワタシは驚いた。
2012/08/31 11:44:36 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 行く先々の話し。

新潟市内の給油所での出来事。

取引先の代表が「ガソリン入れてきます」と「へい、どんぞ」とワタシ。

「レギュラー満タンで」・・・・

「ブロロロロロロ・・・・・」

「エンジン切らないでいいんです?」

「新潟は給油中切りませんよ(ニコ!)」みたいな感じ。








































給油スタッフも「エンジン切って下さい」とは言わず、普通に「レギュラー満タン入ります!」と掛け声。

他のスタッフは「有難う御座います!」と合唱。



新潟市内限定なのか、お国柄なのか・・・・とにかく、エンジンを切らず給油。。。

危険物取扱い上、決して「珍百景」には投稿出来ない光景かも。



新潟の人はとにかく忙しいのだ。


トラックバック(0)

可愛いお客さん。。
2012/08/30 11:18:13 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 私の仕事の事

新潟・富山・石川・福井を巡る日本海キャラバン、そろそろ佳境に入って参りました。

今回は夏休み中の移動が多くどこもかしこも、ヒト・ヒト・ヒト(人・人・人ね)・・・色々な方々とお会いしてお仕事をさせて頂いとりやす。有難う御座います。

夏休みと言う事も有りお子様連れの方々も多いので、思わず写真を撮らせてもらいました。忘れぬうちに撮影をさせて頂いた可愛いお客さんの画像をどんぞ。

7月に生まれたばかりの女の子です。名前はナイショ。。








































元気な元気な男の子。名前はナイショ。ヤンチャだったけど言う事良く聞く利口な男の子でした。サスガ男の子、ちょっと狭い所で基地ゴッコです。スキなんだよね子供の頃って狭い所・・・








































こんなちっちゃい靴を履いてます。片手に収まっちゃった。。








































毎日、お陰様を持ちまして元気に過ごさせて頂いています。

ありがたや、ありがたや。


トラックバック(0)

越前海岸地層帯その2。
2012/08/29 14:40:27 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 行く先々の話し。

さて、越前海岸最終回。おさらいすると、日本海側は1700万〜1400万年前に地殻変動と火山活動が活発に始まった第三紀と言う時代の地層が簡単に見ることの出来る海岸線が多く、変化に富んだ地形をしている・・・と言う事でしたが、今日は昨日紹介した場所からさほど離れていない海岸。

ここの海岸の特徴は噴出した溶岩が急速に冷えた安山岩が多く、しかも、柱状になった安山岩が観察が出来る所。


映画のセットの様な所ですが、地元の漁師さんが海底から引き上げた不動明王を祭っている神聖な場所にもなっています。冷えた溶岩は特定の条件で規則正しい柱状六角形になるんだ。








































少し寄ってみるとこの規則正しさが分かりますな。








































こんな感じで出来上がるそうだよ。


























越前海岸の安山岩は、約1600万年〜約1200万年前に噴出した溶岩が冷えかたまったものです。柱状節理(今回紹介したタイプ)や板状節理が簡単に見ることが出来る貴重な海岸線。そして、安山岩は落雷により磁石になった岩石もあったりと、多様性のある岩石なのだ。

もちろん、日本各地で見ることが出来るので、海岸や崖など少しだけ興味を持って見ると、面白い発見があるもんですよ。

トラックバック(0)

越前海岸地層帯その1。
2012/08/28 22:02:19 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 行く先々の話し。

福井県越前海岸は春先は水仙の名所、夏は海水浴、秋は魚、冬は蟹・・・と一年を通して日本海の魅力を発揮するエリアなんだけど、ワタシの場合、目まぐるしく変化する地層が標本のような場所なので海岸線を見ていると楽しくて仕方が無いのだ。

今日は多くの地層が観察できる海岸線で「礫岩(れきがん)」を身近に見ることの出来る場所を紹介ますね。

地層とは簡単に言うと、「地球が動いている証」です。なので、過去、そこでどんな動きがあったのか分かる貴重な証言者なのですよ。。。その中で「礫岩」と言われる岩石達は、大きく分類すると堆積岩(たいせきがん)に属すのですが、堆積・・・なので、海底や湖底にあった礫(れき)が押し固められて出来上がった地層なので、一見、コンクリに混ぜた石のように見えますが、200万年以上の時間と膨大な地中の圧力が必要となります。

まず、どんな風合いか見てみます?








































今日行った場所の礫岩帯は第三紀層で2350万年前〜170万年前の地層で日本海が出来上がるときの地殻変動の際に吹き上げてきたマグマに押し上げられて地上に出てきた地層なんです。その時、海底や湖底に堆積していた「石ころ」が、高温で半溶岩みたいなものが接着剤のようになって、川を転がって角の無くなった石を取り込んだのです。

川原にある石みたいのが沢山あるでしょ?当時、既にその場所に川が何万年も存在していて、ゴロゴロ転がって丸くなった石が海岸線や川原にあった何よりの証拠なんですよ。現在のように環境が出来上がっていたのに噴火や地殻変動が起こった事を意味しています。

海に向かっている礫岩帯。地上に出てかなり風化しています。








































実はここ、立ち入り禁止の旧国道跡なんです。だはは。2004年まで実際に使われていたところで、この礫岩帯の風洞をトンネルとして道路を通していた場所。








































2枚目の先がこの風洞です。風化が激しく落下防止の鋼鉄製のネットで補強していたみたいですが、追いつかなかったようです。ここはいずれ、崩壊すると思います。








































記念にもう一枚。見納めになるかもよ。。








































そして風洞の先には礫岩の立岩がそびえているのだ。圧巻の風景を独り占めでした。








































ここで少し不思議な体験をしました。

カメラはオートフォーカスなので普段ならピンとはすんなりと合うんだけど、ここはなかなか落ち着かなかった。ほとんど、ピンボケでしかも色彩が少し変なんだ。何度も取り直すけどウマくいかない、挙句の果てに、カメラの温度が上がりすぎてエラー表示が出た・・・初めての経験。

ワタシは思った、ここは磁場が活発な時とそうで無いときがあるに違いないと。普段持っているコンパスを今日に限って持っていなかったのが悔やまれる・・・なんたって溶岩が噴出した所だから何かしらあるの違いない。


撮影しているワタシの後はトンネルが・・・この中は寒かった・・・。








































このトンネルに入ったのがいけなかったかな。。。。なんちゃって。

礫岩のお話しでした。

「その2」はありますよ。「その3」は無いかな・・・


トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]