八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
本年度終了。
2013/03/31 22:13:16 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

明日から多くの企業は新年度。

と言う事は、今日は本年度の最終日。


節目の日と言うのは何だか雰囲気が違うもんですな。
























さて、明日からまた頑張って参ります。




トラックバック(0)

氷の青さ。
2013/03/30 12:28:54 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 大自然の話し。



太陽光が氷河に入射すると、可視光線では赤は吸収され青が強くなるので、氷河は青く見える。

理論は別として、あまりにも美しすぎるので。。


綺麗な画像をどんぞ。






















脳が覚める光景ですな。


トラックバック(0)

ありがとうございます。
2013/03/29 21:22:02 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

言葉にするだけでなく、こんな感じに習字で書けたらいいですね。

習字、得意な方、挑戦してみたら?。。。


































では。



トラックバック(0)

スリランカの鉱山。
2013/03/28 21:28:05 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 ジュエリーなど

昨日は、ミャンマーのルビー鉱山から、私が直接現地に足を運んだスリランカの鉱山まで紹介しました。ついでに以前も紹介した、スリランカの鉱山風景も再度紹介しましょう。

鉱山と言っても「山」ではありません。田圃だったり川だったり・・・世界的に「マイン」と呼ばれています。

ここは川近くの井戸掘りスタイル。























こちらは川底の砂利をさらうスタイル。























砂金を採る要領で。。。























同じ川の水深の深い川底をもぐって原石を探すスタイル。























足先を器用に川底の小石を探ると・・・























ん?























ちょうど、スターサファイアの原石が採れた瞬間でした。























こちらは現在陸地ですが・・・























昔、川底だった場所を探し出すスタイル。大きな岩が目印だそうですよ。























そこで採れた細かい砂利を水で洗いながら選別。























こんな感じで原石が。。























それぞれの原石を職人がカットします。最終的にはポリッシュまでの完成品に一気に仕上げます。























生まれたジュエリーを鉱山のオーナーが品定め。























川底から採れたスターサファイアの完成品。綺麗にスターが出ています。これを現地で仕入れて・・・・ここで注意することがあります。赤道付近のスリランカと日本の太陽光線の入射角度が違う事。向こうで綺麗でも、日本ではあれ?と言う事も度々、日本での色彩をイメージする事も大切な私の仕事。




















日本に持ち帰って、製品にして皆さんにお届けするのです。これが私の仕事。上との色の違いは上はオレンジ系ライトで、これが蛍光灯という違い。





















という感じで、本当に、ザッとですがジュエリーになるまでの過程をご紹介しました。1つ1つ原石から製品まで管理しているとそのジュエリーの魅力を存分に紹介できるのです。

鉱山から加工まで自分の手で担当するのですから思い入れは強くなるものです。

こう見ると壮大な話しと思いませんか?


今日はここまで。
トラックバック(0)

宝石の原石など。。
2013/03/27 18:42:38 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 ジュエリーなど

宝石と言うのは、原石の良し悪しで決まるだけでは無いと思うのですが、やはり、原石への目利きは重要。

これからお見せする画像は、ミャンマーでルビー鉱山の権利を日本人として唯一取得している方の画像をお借りしています。

この方はミャンマーに単身渡り、地元の方々との深い信頼関係を構築。日本を始め、世界に独自の基準でルビーを流通させています。ミャンマー政府とのコネクションもあり現在は、ミャンマーに進出する日本企業向け現地での人間関係構築の講演会などに招かれるなど、宝飾業界とは違う分野でも活躍している人物となり注目の実業家です。

ルビーに関わらず、宝石はこのような場所で見つけられ人から人へ渡り、最後に私たちの手元に来る事を是非、知っていただく為にも紹介しようと思うのです。


ミャンマーでのルビー鉱山は「山」では無く、露天掘りスタイルです。昔、川底だった場所を掘り下げて行くスタイルです。

一見、ジャングルですが。この地中には宝石の原石が眠っています。























何億年もの時間を掛けて出来上がったひと粒の原石を探す為に高圧ホースの水圧で土砂を吹き飛ばします。























流れ出して来た土砂を丹念に集め、ふるいに掛けると・・・























ルビーの原石がご覧の通り。























こちらは1人の作業員が1年掛けて集めた原石達。ルビー他、色々な原石達です。






















それらを選別すると・・・ルビー原石が!




















宝石として価値のあるものはたった、これだけ。




















その中でも最高の原石。人工的な処理をせずに地中からこんな素晴らしい原石がコロッと出てくるのは滅多な事ではありません。

























これも素晴らしい。




























ここから世界中のバイヤーの手に渡り、ジュエリーとして人の手に渡って行くのです。

何気なくショーケースに飾られているジュエリーにはこのような物語があると思うと、見る目が変わりませんか?もし、持っている宝石があるのなら、じっくり見て想いを馳せるのもいいですよ。。。


ミャンマーではありませんが、私がスリランカの鉱山へ買い付けに行ったときの画像があるのでついでに・・・

スリランカは井戸掘りスタイル。軍関係者のガードが必用になります。























駆け足ですが、カラフルな原石。サファイア・ルビーなど。























ロードライトガーネットと思われる原石。鑑別通す前なので買うのはギャンブルになります。























綺麗ですね。原石は独特の美しさがあります。























日本津々浦々、世界へも足跡をどれだけ作れるか。今年も挑戦は続きます。
























色々な方々にお世話になりながら頑張って参ります。

有難う御座います。。。



トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]