八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
石川雲蝶。
2013/04/30 21:18:43 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 世界で活躍する日本人

江戸時代末期に越後、現在の新潟県で活躍していた彫物師、石川雲蝶という男がいた。生まれは今の東京の雑司が谷、20代にして幕府御用彫物師に登りつめた稀代の天才。

「良い酒とノミを生涯与える」という何とももはやな条件で越後三条に入り、その技を存分に振るった。時にはひつこく製作を依頼する寺の住職と賭け事・・・多分、些細な事だと思う。桜はいつ咲くかとか・・・そんな類のもんだと思うが、雲蝶が負けて作った作品も残っている。

越後のミケランジェロと呼ばれる彼の彫刻は他の追随を許さない立体感と緻密さだ。

魚沼市の西福寺開山堂の欄間。凄まじい迫力。




















雲海から今にも抜け出して飛び立ちそうな烏天狗。




















参拝に来る人にその視線を向けています。スゴイ眼力。




















所変わって永林寺堂内天井には極彩色の世界が広がっている。龍が這い回り滝が流れています。














































所狭しと飛び回る龍・・・躍動感溢れるノミさばき。人間業とは思えませんな。





















雲蝶の三条で住まい、江戸にあった菩提寺は明治に入ってからの大火で消失。この世から彼の生い立ち、肖像画、作品など全てが無くなってしまった。

創作活動をしていた現在の新潟県には彼の作品が多く残っています。中々行って見て下さいとは言えませんが、新潟に行った際は是非、実物を見て頂きたいと思います。

日本にはまだまだスゴイものがあります。

酒をこよなく愛し、自由を好んだ石川雲蝶は明治16年に69歳でその生涯を閉じた。時は江戸から明治時代。彫物師にとってどんな激動の時代だっただろうか・・・

稀代の天才はその生涯を秘密のベールに包みながら来年、生誕200年を迎えます。


トラックバック(0)

ヒスイカズラ。
2013/04/30 00:01:18 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 大自然の話し。

ダイヤモンドの研究はほぼ終わりました。

次の課題は翡翠。


ジュエリーの翡翠はおいおい紹介しますが、植物にも「翡翠(ひすい)」を冠したものがあります。

東南アジア原産のヒスイカズラ。美しい色彩が目に映えます。























翡翠も奥が深く、研究の対象たるモノ。面白い画像を紹介できますぞい。


今日はこの辺で。。。


トラックバック(0)

204飛行部隊。
2013/04/28 23:27:58 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 石垣島ライフ



昨日政府高官発表、23日に尖閣諸島領海付近に中国空軍機40機以上が波状飛来。那覇基地所属204飛行部隊(航空自衛隊南西航空混成団第83航空隊隷下の戦闘機部隊)がスクランブル発進で対応。今回、中国軍はロシア製最新鋭機を投入、自衛隊の陸海空及びレーダー網対応を見計らうのが目的と見られています。

那覇基地から尖閣諸島領海上空まで420km。石垣島からは160kmほど。威嚇行為対応には即時対応は不可能な距離です。これが現在、先島諸島(沖縄本島以西の宮古島から与那国島までの領土)の現状。

因みに204飛行隊のエンブレムは最強の飛行部隊との意味合いを込めて「白頭鷲」の横顔です、お見知りおきを。





















しかし、困ったもんだ。

国際法に則り主張をしてもらいたいのです。


トラックバック(0)

水没した街。
2013/04/27 22:29:27 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 大自然の話し。

1980年代までアルゼンチンの避暑地として栄えたとある水没していた街が25年ぶりの気候変動で現われてきた。

この避暑地として栄えた理由は湖の水が病気に効くと評判になり街が形成されたそうですが・・・25年前のとある日を境に湖の水位が上昇、湖底に沈んだそうです。

ここ数年の高温化で水位が減少し、水没していた街が再び地上に現われた・・・という事です。




















堤防も立派な街だった事が伺えますね。

















当時の街の写真とほぼ同じ場所だそうですが・・・






















現在、街が水没するほどの水位上昇は赤道付近で進行しています。

この街のように人間が放棄する場所が増えるかもしれません。なんだかそんな事を考えるニュースでした。





















トラックバック(0)

1周年記念祭。
2013/04/26 20:42:18 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 私の仕事の事


さて、お邪魔している新潟のお店は色々試行錯誤をしながら、新潟県下でここでしか扱っていないラインナップが目玉。こだわり抜いているコンセプトは目を見張るものがあります。

1周年記念ですから、薔薇を一輪お祝いに持って行きました。






















































店内壁には「桜前線2013」と銘打った絵画展も同時開催。一層の彩を添えています。






















































私のブライダルリングも納入させて頂いています。






















































東京で活躍しているアーティストとコラボレーションしているジュエリーケース。こんな所にもこだわりの片鱗が。。花柄でカワイイケースです。






















































私がお付き合いさせて頂いている小売店さんは地元で100周年、90周年、80周年と長い歴史を持っているお店が多いのですが、1周年のお店とお付き合いさせて頂いているのは、新潟のこちらのお店だけになります。

スタートしたばかりのお店ですが、今後、3年、5年、10年に向けてどのように変化していくのかその過程を見ることの出来る大変貴重な学びの場所なのです。

今来ている若い層のお客さんと共に益々の発展を願うのです。



トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]