ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
Recordingで使用した楽器 ギター ベース
2013/11/29 11:46:27 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
録音作業で使用するものの中に
どういう演奏楽器で仕上げるか!で印象や楽曲の一体感が変わってきます

今回は所有楽器の中から
アコギは YAMAHA CPX-15N
ベースは FENDER Jazz Bass 70年代製
を使用してみました

ヤマハのエレアコシリーズの主流であるCPXは内臓のマイクの空気感と
ピエゾピックアップのシャリシャリ感が前に出すぎる事無くマッチしていました

こだわりのベースギターは70年代製のレア物ですが
配線部分をベルデン配線材に変え、コンデンサーをお気に入りの物に付け替えて
ノイズの無い柔らかい見事な音で蘇りました
今回初めて録音で使用してみましたがインパクト十分な音で録音できました

基本は、TakamineのAGで元の伴奏が録音されていました

録音において大切なのは楽器同士のリズムのタイミングです
少し走ったり、前に突っ込んだり、自在に扱えるようになると録音作業ほど興奮する世界は有りません

なにせ仕上がり後に、見た事も会った事も無い人に評価されていくのですから
非常な楽しさを重ねて味わえます

緊張感の有る録音作業からの解放感も
また格別なものです




コメント(0)

Recording作業
2013/11/28 09:47:19 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
今週はかねてから依頼されていたアルバム作成の曲の
録音作業をしています

計10曲の曲の録音で
歌をメインにしてアコースティック楽器を中心に
ベース録音にも参加して幅を広げてみました

歌と伴奏のギターは入れて有るところに
曲を引き立たせる色付けで
ソロや伴奏、ベースでの低音の広がり等が課題ですが
うまくまとまりつつ有ります

最近はリズムマシンと、やたら低音の利いたパートが機械的に前面に押し出された
楽曲編集が大部分を占めていまして、時間の削減で大量生産出来る音楽が耳に付きます

自分で聞きたいと思う楽曲が少なくなりましたので
自分で聞きたいと思う様なフレーズやタイミングで録音しました

手弾きで一つづつ思いのこもった作品に作者の気持ちや
今から聞いてもらえるであろう聴衆の皆さんに
記憶の片隅に残るメロディーが上手く表現出来たと思います

編集作業が大変ですが
楽しみでもあります




コメント(0)

ビートルズ ポールマッカートニー
2013/11/11 18:33:33 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
初めてビートルズに触れたのは小学校の時でしたが
子供向けと思われているイエローサブマリンの奇妙なサウンドに
びっくりしたのが最初です

その当時の周りの大人たちのほとんどがビートルズのシングルレコードか
LPを持っていました

奇妙で異常だと思われていた髪型や服装までもが
流行に乗ったとたんに普段使いになって、誰もが憧れている物が手に入る
高度成長期に突入して行きました

時代は流れて
もはや身近になった音楽は、簡単に誰もが作る側に行けるソフトや
機材が格安でお手頃な物になっています

昔のオリジナルで古い機材そっくりの音が出る最新のエフェクター等
簡単に手に入りますが、実際にその音に触れた、又は聞いた人でない限り
音の微調整ができませんし、その音かを判断するのは困難です
特に中音域の塊で出てくる音圧感は、デジタルではとても再現に困ります

自分がビートルズやベンチャ−ズのコピーバンドに入った時に思った事は
オリジナルのギターや機材で練習ができる環境だったので
苦労して作っていった最新機材での音よりも、1個つないだだけのオリジナルの機材や楽器が
圧倒的な説得力で迫力満点だという事でした
また表示の名称1つをとっても今と違う言葉や表示になっていて
何だこのツマミは、どんな効果や変化が起きるのか?分からない物が有りました

昔は無かった曲集や教則本も出回るようになり
情報が多岐にわたって便利になりました

ビートルズのポールマッカートニーが来日し
演奏活動をしていますが、昔ながらの音を知っている貴重なアーティストとして
古き良き物を残すための意見や活動を大事に末長く伝えていってほしいと思います





コメント(0)

エレキギター弦
2013/11/08 18:09:17 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

いつも使用しているエレキギターの弦ダダリオXL110の
巻き弦の部分が荒く感じてしまうので
弦をを変えてみようと思い
ダダリオXL110→GHS BOOMERにしてみました

値段的に変わらないですが
柔らかい感触と、巻き弦の手触りの細かさが良いのでしばらくはこれで決まりです

ギターは弦によって使用感がずいぶん変わりますので、これだ!と決まったのに出会うまで
あれこれと試してみるべきです

GHSはお勧め出来ます
お試しください





コメント(0)