ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
那覇市街地の上空が うるさーい!!
2014/02/22 11:34:27 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
那覇の真地に住んでいますが
毎日、朝、昼、夕がた、夜に
必ずヘリコプター、ジェット戦闘機、等々の
騒音が有ります

市街地上空を戦闘機が飛ぶ事って
世界中で紛争地域以外に無いと思いますが!
沖縄はまだまだ戦時中なの?

音は、大型車が住宅街の路地を走っているくらいの爆音で
ヘリに関しては、かなり低空で機体下部の模様や記号が認識できます

数年前までは、たまに有った事ですが異常です

沖縄には戦争体験のお年寄りが多数いて
今でも航空機関係の騒音を恐怖と感じる方々がいらっしゃるのも
また事実です

識名の高台から坂を下っていく時には
市街地上空をオスプレイが悠々と飛行しているのが
珍しくも無い光景にもなりました

貴重な税金を使っての
*住民に騒音被害や迷惑のかかる、防災という名のもとでの飛行訓練
*観光立県なのに、いつでもどこかしらの道路工事で渋滞していて
特に移動の多い時期の迷惑お構いなしの公共事業
*使い切る方法のみ優先で、失敗しても誰も責任取らないし止まらない予算の執行

国の借金は膨らむ一方で、金(借金)で経済を解決しようとしている事が
矛盾だらけです

次の世代に受け継ぐはずの
沖縄の青い海、青い空、豊かな自然は
金の無い地元民には縁遠く、お金の有る人だけの
リゾートや特定の場所だけのお楽しみになりつつあります

本当に独立した県を目指ざしたいのなら
特別な振興予算は全部断って
他府県と同等の扱いの中で勝負していく気構えと
強い意思でハッキリとした将来像を持って
本当の豊かさを模索するべきです

沖縄人は
暴力の無い自由な貿易の中で琉球を作り上げました
頭と心の豊かさで大きな国の人とでも接してきました
今や自由の名の元に、不自由な事に気づけない
被害者意識の抜けない沖縄人が
多すぎます

民主主義とは民の利益優先でしたが
いつからか、民が選んだと錯覚させている権力者のみの
利益優先になり下がってしまいました!






コメント(0)

フィギュアースケート
2014/02/21 10:39:03 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
昨日の女子フィギュアースケート2日目でした
皆さんの演技に鬼気迫るものが有りまして
やはり1つにかけている人間の熾烈な演技は痛烈に心に響いてきました

誰かが受賞して、誰かが外れる、ハッキリとした競技です
ベストを尽くしたからこそ、悔しいはずだし
ベストをつくしたからこそ、満足の選手もいただろうと思います

一事が万事、塞翁が馬
と言うことわざも有ります
これからの人生の方がはるかに長い道のりですので
良い経験をした選手の皆さん、これを見て感動出来たお客さん
共に良い刺激になったと思います
どういう風にとらえるかで、今後の自分が変わります







コメント(0)

オリンピックは誰の為に!
2014/02/20 18:51:51 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
今日の産経ニュースにこんな記事が有りました

”東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相は20日、
福岡市での講演で、ソチ五輪・フィギュアスケート団体について
「負けると分かっていた。浅田真央選手を出して恥をかかせることはなかった」と述べた。
さらに女子ショートプログラム(SP)で16位だった浅田選手を
「見事にひっくり返った。あの子、大事なときには必ず転ぶ」と評した”

自身の身体をかけて、常人には出来ない熾烈なストイックな競技に
将来の日本でのオリンピック、パラリンピック責任者が、こんな事で個人を攻めるかの如く発言
自民党主導の政治家は何を世の中に訴えたいのでしょう? しかも元首相たる者が!
 
傷付くのは本人ですが、カバーし励ましてこそ、の会長さんが
非常識にも程が有ります

物事に真摯に打ち込んでいる姿を称える事こそが競技における
本来の目的であると思いますし
選手の身辺の環境整理
何らかの圧力や待遇に不備があったのか等を配慮して
有ればそれを整える手段を手助けする事に終始する のであって
発言自体は、受賞圏内にいなければ、存在そのものを否定する
物慾第一主義以外の何物でも有りません
選手の皆さん、全員かわいそうです

政教分離は当たり前ですが、政治とスポーツも
切り離して口出し無用にしてほしいと思いました





コメント(0)

ウクレレ レッスン
2014/02/19 10:56:32 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
今年は例年に無く
ウクレレのレッスン問い合わせが多く、嬉しく思っています

沖縄は気候が 本場のハワイと似ている と言う事で
ウクレレ人口は多いと思われがちですが
盛り上がり方は、と言うと以外にも今一です

もちろんカルチャースクールは賑わっていますが
基本的にハワイの曲を皆で歌って楽しみましょう! 的な進め方が多いと思います

そうなってくると、同じ民族音楽の沖縄独自のカルチャーで有る
三線での弾き語りにその場を明け渡すことになって、
本場のハワイアンは言語の問題も有り、フラで踊る方が楽しい! となっていきます

本格的に一人で弾き語り、ソロウクレレ、的なウクレレ人口は表立っては少なく
アンダーグラウンドでの個人の楽しみとして行っている様子です
また教えきれる講師も少ないと思われます

カルチャースクールでは物足りない、と思っている方々が
こちらの 音楽教室paragon に問い合わせている事が多く
無料の体験レッスンも受けていただいて好評をいただいています

ちなみにウクレレは 大中小 サイズが有りますが
沖縄の楽器店の店頭で見るのは小のサイズが多いです

サイズはソプラノ、テナー、コンサート、バリトン等があり
形状はオーソドックスなタイプとパイナップル型などです

ソプラノ
コンサート
テナー

ジェークシマブクロさんがウクレレ人気に拍車をかけていますが
コード弾きではなく、メロディー重視の楽曲では
サイズが小(ソプラノウクレレ)では、音域が足りないことも付け加えておきます

楽しいウクレレ演奏ですので
興味のある方は お問い合わせください
祝祭日以外で、土日もレッスンしています




コメント(0)

オリンピック フィギュアー 羽生選手の曲
2014/02/17 14:15:52 ブログカテゴリ ならいごと | 書庫 全般
先週末のフィギュアースケート、羽生選手の快進撃、見事でした
氷の上で、加速が付いているとはいえ、4回転は各選手共に人間業を超えています
どんどん進化していきますね!
大変過酷な競争の中で磨いていく生活は、想像を超えてます

今回注目の選曲ですが
エレキギター界では超有名なゲイリームーアさんの曲でした
80年代洋楽ロックの中で、壮絶な早弾きと
赤いストラトギターを武器にいきなり参戦してきた若きロッカーでした
バリバリのロックチューンの中に、ホッとするバラードが有りまして
今回の曲は、その中の パリの散歩道 という曲です

元々アイルランド出身で
シンリジーと言うバンドでの演奏がメディアへの出始めだったと思います
この頃はレスポールギターで太っとい音の荒々しい演奏がメインで
その後、個人名義で活動を始めました

政治状況が不安定な中の葛藤を見事な曲で
表現して見せていましたが、日本人好みの哀愁が溢れるこの曲は
サンタナの 哀愁のヨーロッパ、ジェフベックの 悲しみの恋人たち を彷彿とさせる
ギターが泣き叫ぶ、数あるギタリストの必修の曲です

華々しくデビューして、その後エリッククラプトンが有名にしたジャンル
ブルースの世界に転身しました
この頃に、又レスポールギターに持ち替えて
ちょっと特殊な配線がされたギターで個性的な音も交えながら
攻撃的なブルースから繊細なブルースまで、歌いながらの演奏が好評でした
顔の事を言っては失礼ですが、ブルドッグ顔です

ここでも脚光を浴びていましたが
50代の後半に突然の病気で他界して
昨日のように覚えていますが、もう何年も経ってしまいました

やはりギターレッスンの中でも、この曲を弾きたいという生徒さんが
現れまして、聴き返しました
普通は、聴いているうちに飽きてきますが、
聴けば聴くほど細かい部分の表現が聞こえて来て楽しさが増していきます
なかなかそういう曲は有りませんのでお聞き下さい

ただし、フィギュアーの中で使われた曲の後半の乗りの良い部分は
別の曲ですので、購入を考えている方は気をつけて下さい
どちらもブルースの選曲には違い有りませんが!




コメント(0)


[ 次の 2 件を表示 ]