ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
ヤマハ テリーモデル
2014/08/31 16:08:45 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
ヤマハが45本限定で出したギターを知人より貸し出してもらいましたので
色々検証してみました

カタログによると
「寺内タケシとブルージーンズ」結成45周年を記念した、45本の限定生産モデル
受注モデル1本1本について指板エンド部にシリアルナンバー(07001から07045)が入り、
寺内さんの自筆サインが描かれた「認定証」が発行され
寺内さんの理想を追求したオリジナルのピックアップ、高度な演奏に耐える独自のトレモロシステムなど、
寺内さんの理想を随所に実現した、”日本オリジナル”のエレキギターの高品質を追求したモデルです。
またデザイン上も白いバラのインレイや、ヘッド部の「Terry & Blue Jeans」のロゴなど、
”寺内タケシモデル”ならではのイメージを演出しています。


テールピース(弦の取り付け部)の位置とトーン・ボリュームノブの位置・抵抗値を変更したり、テールピースの材質を変更(真鍮から鉄へ)することで弾きやすさやより張りのある音を実現しました。
また高ポジション部での演奏性を高めるため、1弦側のボディの切込みを深くし、ボディ表側を削る「スプーンカット」を施しました。さらに通常のエレキギターでは1ヶ所のみのエンドピン(ストラップの取り付け位置)を『TBJ-CST』の8ヶ所から16ヶ所に増やし、演奏ポジションの自由度を追求しています。


ペグはロック式でコインで上から閉めて行きます
指板は螺鈿でバラがあしらわれたポジションマークです
ピックアップでは
1弦づつ高さの微調整が出来るように動かせます
音を聞きながらバランスよく整える事で印象が変わってきます

本体の浦の卵型の金属板をはずすと
バネがV字型に2本入っていて張り具合でアームの角度が変わります

残念なのがネックのそりの調整が大掛かりになる事です
弦を外し、フロントPUも外し、ピックガードも外した状態で
ネックの取らすロッド調整が出来ますので
弦の太さやメーカーを変えたりするごとに
神経質な方や、面倒くさがりな方は投げ出しそうになるはずです

天下のヤマハなので作りはぴか一です(でも少し重い)
フロントPUが若干大きい音で
ネックの握り(かなりRが有り、丸っこい)や音質は状態の良いビンテージ物の
モズライトと感じは似ていますが、PUの出力で劣ります
その代わりに、PUノイズは全く気になりませんので
進化したモズライトという感じです

好みの善し悪しは抜きにして
鑑賞に堪えられるコレクター向け、でも有り
少し手を入れて好みの部品に入れ替えれば幅広いジャンルに対応出来る
ミュージシャン向けの耐久性のあるギターとして楽しめる楽器です
(ツアーハードケースが、これまたしっかりしていますが
ギター入れて、てにもって移動すると10分ほどで手に違和感が出てきます)
総合的に、重たいので移動には大変かな?

貴重な体験をさせていただいています
感謝申し上げておきます






コメント(0)

おすすめ ROCK CD 名盤.5
2014/08/29 11:17:34 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
少し前に他界しましたが
この人が出て来た80年代は情熱的な人が多かったです


GARY MOORE の Corridors of Power

このアルバムは、新ハードロックの幕開け的な印象が有ります

GARY MOORE若い時から数々のバンドを渡り歩いていて
自己の名義の中でも名盤中の名盤で
ギターでこんな音が出るのならぜひとも欲しいと思わせた
(赤いストラトキャスター)を誰もが楽器店で探し求めたものです
しかも当時の話題であったBOSSのコンパクトエフェクター数珠つなぎで
音作りの話題的にも革新的でした

マシンガンの様に繰り出される早弾きには度肝を抜かれましたし
アイススケートの羽生選手の試合曲でも披露されたような泣きの名曲も
この頃から入っていました まさに若き巨匠でした

どの曲もシングルカットして発売されても良い名曲、ギターリスト必須の練習にも
曲作りの参考にもなるアルバムです 
早弾きもはっきりと余裕のある演奏が繰り広げられますので
ぜひ聴いて、まねしてみると良いと思います

IRAで混乱していたアイルランドの出身で
商業的に成功してから反戦的な名曲を世に出したり
来日のインタビューには、息子が日本のピカチュウー好きでグッズを買い込んだり
良きパパぶりも披露していました

演奏活動の晩年はブルースに転向して
巨匠達を引きずり出し、スポットを当て続けていました
ハードロックで学んだ奏法とブルースの様式美に近い奏法を
オリジナルで確立し熟年の渋さが出てこようかという矢先に
旅立ちました




コメント(0)

おすすめ ROCK CD 名盤.4
2014/08/25 17:38:46 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
本日はこのCDの紹介です

Boston の Greatest Hits です
数あるアルバムの中での代表曲が一同に介して
曲同士が自己主張してきます
どの曲が好みかな? と思いながら聴いているうちに最後まで聴いてしまいます
もう一度聞き返すと、一度目には気づかなかった音が聞こえて来て
確認の為に!ともう一度聞き返すスパイラルにはまって行きます
 
米ボストン郊外の名門マサチューセッツ工科大学を卒業したトム・ショルツを中心にした
アメリカン・ロック・バンド、ボストンのベスト・アルバム。
ヒット・シングル「モア・ザン・ア・フィーリング(宇宙の彼方へ)」「アマンダ」
なかでも好きなのは
ピース・オヴ・マインドです
ギターがコードを鳴らしながら始まって
ハードな音色に変わって盛り上がって行く展開は
単純ながら、十分にかっこ良いと思います

何もかもを計算しながら何年もかかって楽曲を完成させ
しばらく寝かせて聞き返してGoサインが出たものだけをアルバムの中に採用して行く手法で
作り手が飽きない、聞き手も飽きない、聴けば聴くほどに何かしらの仕掛けが
聞こえて来て発見が有ります
楽曲も空に広がって行くような広がり間で展開して行きますので
気持ちも心も軽やかになって行きます

3. モア・ザン・ア・フィーリング(宇宙の彼方へ)
4. ピース・オヴ・マインド
5. ドント・ルック・バック
9. パーティ
10. フォアプレイ/ロング・タイム
11. アマンダ
12. ロックンロール・バンド
13. スモーキン

あたりの曲は特に気に入っていて
バンドでもトライしてみたりしました
どの楽器にも隙がなく
特にボーカルやコーラス等のハモりは特に感動すら有ります

このバンドも
自分たち以上の出来になるようにコピー出来るならやってみろ!
と煽ってくる無言の挑戦状が込められた名盤アルバムだと思います






コメント(0)

おすすめ ROCK CD 名盤.3
2014/08/18 19:01:28 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
今回は
大学時代に実際に接した沖縄ロックの重鎮達が残していた
名盤です

コンディショングリーンの Mixed-upです

沖縄発、世界規模のバンドで
日本にもこんなバンドがいたのか!
外人というより新しい国の人?

中でもいきなりのギターソロで始まる
5. BONEY MORONEY そして
6. BORN TO BE WILD
ジョニーウィンター、そしてステッペンウルフ
カバーですが、完全にコンディション節になっています

1988年頃にピースフルラブロックコンサートの初回が始まって
石川(現うるま市)の野外で行われて
このバンドが出て来て演奏した瞬間から虜になっていました
あの頃、すでに伝説的なバンドで会場の空気が一転しました

野外の会場の一番前で警備にあたっていたアルバイトの米兵達までも
いっせいにステージの演奏に向かって、釘付けだった印象が有ります
それまでは野外のおおらかさで、会場内を知らないお客同士がフリスビー投げしたり
誰かが酔っぱらって投げたビール等の缶が降ってくるのを注意しながら
演奏を楽しんでいました...

ドラムのエツさんは、当時の大学で音楽サークルの先輩の師匠で
部室に来て、突然、火のような雷のようなドラムソロを披露してくれて
音楽的にみんなでぶっ飛ばされて、こんな人間がいるんだ!
とリアルタイムで目にしました(スネア使いの達人です)

写真にはチビさんも映っていますが
この人もShow-yaのドラムに影響を与えた凄い人です
- チビさんが、ライブハウスを経営していた頃に
名護の役場まで子供の出生届けにつきあった事が有ります
その時、長髪だった自分に名護の青年が”男のくせに髪伸ばしてふーじんねーらん”
とちょっかいを出しかけましたが、”相手にするな〜” と優しく諭されました-

程なくして、ギターのシンキさんとも顔見知りなって
神がかったギターで、またまた圧倒されました(Van Helen が出て来たのと同様)
走り回って、スピーカーから飛び降りて骨折して、肩車されて(3段目)ギター弾いて
足だけ固定されてぶん回されて
それでもきちんとしたテンポで、即興演奏し続けて... 超人でした
<京都でお坊さんの修行を終えて、楽器店で再会したときには
ooo君、お坊さんは儲かるよ!...お前もやってみい!...> すごい人です

かっちゃんは何をされるか怖くて近づけませんでした
(お客から無理矢理靴をはぎ取って、お客のビールを奪って、靴の中に入れて
靴を丹念に揺すってからビールを飲み干したり、鼻からタバコ吸ってみたり
生きたひよこを...)

脱線しましたが
再販されてCDが発売されています
ギターからWah1個だけのアンプ直で、こんな音が出てくるの???
というサウンドにやられて下さい
<まだまだ逸話はつきませんが...>



 





コメント(0)

沖縄ロック史 50年
2014/08/16 22:47:36 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
昨日、本屋さんで
”沖縄ロック史 50年” というタイトルの本を見つけました
今年発売、つい最近の本で、沖縄ロック史の名のごとく
一斉を風靡した頃の(主に70年代を中心として)写真や
記事が満載されていました

ベトナム戦争景気で、ライブハウスでは
演奏を見に(エネルギーの発散の為に騒ぎに)来る米兵の入場料を
ドラム缶やバケツにドル紙幣を足で踏み込んで押し入れていた位に賑わっていて
米兵らがビール瓶や灰皿を投げつける中、演奏し続けた生々しい写真や
当たり前のように喧嘩がおき、MPが入って来て混乱して...
の熱い雰囲気がそのまま伝わってくる写真も有りました

アメリカ本土にツアーしに行っていたコンディションの写真
マリーさん全国ツアーしていた頃のかっこ良い写真
今は亡き先輩たちが移った写真 等...

ちなみに
その頃のPA(音響屋さん)はバンドの人たちを、けんかや暴力から守る為に
空手を習っていたり、カラダを鍛えていたりして
酔っぱらって暴れたり、絡んだりしてくる兵隊達に立ち向かう用心棒も兼ねていたそうです

我が友である石垣島のロック協会支部長の上間君は
誌の後半部分、顔写真入りの投稿が掲載されていて
大学時代に始めたバンド活動の話に、私の名をのせてくれたりしていて
恥ずかしくもうれしく思いました
一緒にやれて良かったです!

あの頃から、はや数十年経ちましたが
音楽に携わって行けている生活に感謝しながら
後世にも伝わっているであろう沖縄ロックの一覧を
さらに発展して行けるように踏ん張って行きたいと思います!

良い紙面なので価格がちょっとお高いですが
現役で体験した世代の方も、今からの方も
見ておいて、購入を考えても損はない上等の資料だと思います
(個人的には、カッチャンの自伝コーナーが面白くも刹那かったです
過去に一回だけコンディションのVoのカッちゃんがラジオに出て
自己の自伝をおもしろおかしく話してくれて
ラジオのときには、宮古の方言まじりでしたので爆笑続きでした)






コメント(0)


[ 次の 4 件を表示 ]