ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
楽器の練習
2017/06/20 10:28:51 ブログカテゴリ ならいごと | 書庫 全般
よく聞かれる質問の中に
”どれくらい練習したら良いですか?”
”どれくらいの時間練習すれば上手くなりますか?”
というポピュラーな質問がありますが
これは難しい質問です

練習の概念が人によって各々違うからです
”めちゃくちゃでも音が出れば楽しい、発散したい” を言うのか
”昨日味わった弾ける感覚を今日も味わいたいだけ” のか
”昨日とは違うことができるようになりたいのか”
”他人とは違う自分になりたいのか”
”目立ちたいのか”
それぞれのゴールは違う場所にあります

練習時間の長さにしても
楽器を触るだけで満足、音が出たら満足、ゆっくりだけど同じメロディーができるようになった
等々... 違ってきますし
1曲分の長さ(約3分)を
同じ速さで維持すること自体の大変さもあります

ヤマハの講師向けの特別セミナーに参加した中で
CASIOPEAの Ba:櫻井さん Dr:神保さんのリズムトレーニング法で
”練習は何時間行なっていますか?”
の質問がありました

一般向けではなく講師向けのセミナーなので厳しい内容の
アドバイスがありましたが、その中で
”練習は、出来無いことが出来る様になる事、なので
出来ない事が有ったら、2〜3日でも寝ないでも食事しなくても練習は続きます ”
的な内容のことを言っていました 

”我々はプロなので、一般人と同じ内容の出来で満足は出来ません
同じ内容でも、笑顔で余裕を持って涼しい顔で、内心はヒヤヒヤでも
100回でも同じ内容の演奏を高いレベルで、笑顔で余裕を持って成功させる血と汗の練習です ”

凄まじい気迫と集中力と体力勝負の世界に驚愕しました

練習は身に付くまで同じ内容の繰り返しです
少しで飽きてしまいます
自分で目標を定めている人は、それが出来ます
目標に向かって突進している時に、また新たな目標が出てきます
新しく目標をセットして、それをまた追いかけ始めます

余談
何年も前に今は無きJAVI(ライブバー)に、ドラムのSガットがきてライブしまして
その会場の照明スタッフとして現場にいました
リハ後に、メンバーは休憩
ガットさんは一人残り、薄暗い舞台でドラムのチューニングを本番直前まで休まず行っていて
誰一人声すらかけませんでしたが、本番に素晴らしい音で演奏していました
ドラムの音色を気にする事で演奏でのリズムがタイトに躍動感のある内容に変わった瞬間でもありました

(どうせ地方だし!現地の機材だし!)で本番は適当にこなしていく輩ミュージシャンも見ましたが
丁寧に自分を出すためにはどこで演奏しても自分を出すことへのこだわりを
目の当たりにして
納得のいく内容にするための努力や集中力は
必ず身に付けようと思いました





コメント(0)

ものの見方 考え方 2
2017/06/19 11:50:58 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
考え方にはいくつかの方法も理論もあると思いますが
自分で感じてきた事です

日本人は主に集団を大切にします
それは”3本の矢”の話の様に
人が集まれば、力が集約して何でも出来る という美談が
元になっていると考えられます

でも人間は力だけの生き物ではありません

体力の有るもの同士で大きなものを移動する事は出来ても
楽に動かせる方法を考える事や、早く動かせる”知恵の有る者”がいたら
その集団は偉大な集団になります
集団になると物事が倍々で進んでいきます

見方を変えると足し算が、掛け算に変わった瞬間です
でも集団は、大きくなると
妬み、足の引っ張り合い、楽するには...という事で怠けが出ます

一人一人の持ち点が(1)だとすると
始めのうちはどんどん数字が増えますが
その中で怠けたい人(−1)が現れた瞬間に
怠け病が広がり(1)✖(−1)で(0)になり
崩壊が始まります

なので人は自分の行いの一つ一つにしっかりと責任を持って
行動しなければなりません
集団とはそういう者だと思います

余談
(−1)✖(−1)は(1)になりますので
悪い人が集団になって、束になっていると手に負えません
その時は、その中の誰かが勇気を持って改心して(1)になる事を
願ってやみません







コメント(0)

ものの見方 考え方 1
2017/06/19 11:48:30 ブログカテゴリ ならいごと | 書庫 全般
日頃のレッスンの中で
色々な世代の方々と接していると思ったり感じたりする事があります

*まずレッスンについて
”年寄りでも習い事して良いの?” ”これから始めたら何年かかるの?”

習い事自体が ”幼い子供向け” と感じている方の多い事です

思った時が習い始めの絶好に機会! だと思うのですが
なかなか足が向かない、笑われたらどうしよう!
改めてよく見たら自分自身が器用じゃない気がする!

そんな思いの中で、勇気を持った方だけが新しい扉を開けて
”なんだ、もっと早く始めてたらよかった、ちゅうちょしただけ時間の無駄使いしていた” 
という声をよく言って来られます
”始めてみて、ダメな時には出直します” くらいの気持ちで出来ると
上達も気負いなく見込めます
何よりも
”始めてみたい”
”興味がある” ”音楽を聞いていると、この楽器に耳が行くんだよ” とか!
好きな物や事柄として感じている方は習い事をオススメしたいと思います

*もう一つは考え方です
自分についての思い過ごしです

何か行動を起こしたら、結果が出ます
その過程が大事だという方もいますが、その当事者には結果が全てです

”自分の力が足りなかった” ”あの時こうしていれば” または
”自分を信じてよかった” ”自分の判断は間違っていなかった”

運命の分かれ道は積極的な自分がいたか、いなかったか、だけです
プラス思考の方もいればマイナスも
でも考え方の方法には、掛けたり割ったりも有ります

色々な思考の生徒さんと対峙して教えていくと
一つの方法論だけでは納得させる指導が出来ませんし
飽きられてしまいます

上手く伝えるように様々な比喩や例えを示しながら
たくさんの方が音楽に、楽器に、
さらには自分自身に興味が持てるような方法で指導していきたいと
常日頃から思っています

毎日の生活が必死な方も
余裕で暇人な方も
今一度自分の興味の方向や、社会への関わり方を
見つめ直してみるのはどうでしょうか!




 


コメント(0)

那覇のライブハウス
2017/06/13 12:22:51 ブログカテゴリ 楽しい | 書庫 全般
職業柄、生演奏の有る所にはちょこっと顔出したりします
那覇のライブハウスのご紹介です

那覇では
” Gala ” " B-one " " Gold Disc " " Apache "
の4つがほぼ毎日演奏しています
ライブハウスには ”箱バンド” という
そのライブハウスに行かないと見れないレギュラーバンド(定期的に演奏)が
あります

” Gala ”は那覇商業高校の近くの2階で
ロック〜ポップス、歌謡曲も含め幅広い選曲と高い演奏力で人気があります
イタリアンレストラン兼ねていますので食事もできます
 
" B-one "はジュンク堂書店、向かいの高良楽器店から58号線向けに
川沿いを行って58号線に出た角の地下にあります
このバンドは20代のメンバーもいますが、これもまた上手い
選曲も幅広く演奏していますが、CASIOPEAのフュージョン曲も出来ます
時間帯も遅くまでやっています

 " Gold Disc "は松山交差点を入って3本目の交差点を左に入った地下にあります
全校展開でも名の知れたケントスから独立してのお店で
オールディーズ専門でこれもまた遅い時間帯までやっています
年季の入ったメンバーと元気な演奏で盛り上がれます

 " Apache "は若狭交差点から左折して最初の信号機の有るビルの最上階にあります
平日のバンドと週末のバンドに分かれていています(スケジュール要チェック)
演奏ジャンルが幅広いので楽しめます

定期的に演奏しているお店のみの紹介でしたが
お客が飛び入りしたりできる小さな演奏どころもあちこちにあります
バンド系に限らなければ
フォーク系統のお店、民謡酒場、多国籍料理と民族音楽
等々、楽しめるところが満載ですが
どういう訳か最近は地元のお客があまりいません
常連さんの集まる店もありますが観光客目当てにショーアップしたお店が増えています
特に民謡酒場は本土の方?の出演で地元民謡を聞く?事もあります

音楽に囲まれた暮らしの中で
穏やかに賑やかに暮らしていけるように心がけていきたいと思います







コメント(0)