ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
秋の生徒さん募集 ギター ベース ウクレレ ピアノ
2017/08/29 11:47:05 ブログカテゴリ ならいごと | 書庫 全般
音楽教室paragon 上原です

いよいよ夏も終盤に差し掛かり
日差しも落ち着いて、蝉の声も聞こえなくなって学校も始まりました

食欲の秋も
すぐそこまで迫って来ていて楽しみな季節到来です

芸術の秋、という方もいらっしゃると思います
過ごしやすい季節に入り、心穏やかに何かに没頭できる気温と環境の中
習い事はいかがでしょうか?


秋の生徒さん募集 ギター ベース ウクレレ ピアノ

いつもなんらかの形で楽器の楽しさを広めたいと思っていますので
空いている時間は、無料の体験レッスン(約30分程度)を受け付けて
楽器人口の拡大を狙っています

続けられるか、続けるかどうかは別ですが 
楽しいって思ってもらえたら 最高です!

こんな世界観があるんだ!
ということを体験してもらって
演奏者の心地よさや、練習の大変さ、見どころ等を
楽器に直接触れることで、実際に感じてもらうと
同じ音楽を聴くにしても、聞きどころや焦点が定まって
段違いの楽しさに変わっていきます それを体験してもらいたくて!

秋の夜長に楽器演奏はいかがでしょうか?
もちろん経験者の方は、自己のグレードアップを目標にして

こちらに通ってくださる生徒さんの年齢層が幅広く
幼児は楽器に親しむ事から、学生さんは話題の曲を、熟年世代には懐メロや映画音楽も...
経験者も初心者も、音楽ジャンル問わずにレッスン行っています

また、不定期なお休みの職業の方の為に
定時では無く、予約制でのレッスンも受付中です!

駐車場あります
<一階の階段前、フェンス沿いのスペースです>

音楽教室paragon
Tel: 098-836-7525
担当者:上原




コメント(0)

楽器用 アンプのSPケーブル 自作の勧め
2017/08/29 11:27:29 ブログカテゴリ 感動 | 書庫 全般
音楽教室paragon 上原です

楽器には色々な種類がありますが
とりわけエレキ関係(ギター、ベース、音響系統...)
では機材の性能もさることながら
音の出口となる SP(スピーカー)につながる線材の性能が
大きく音に影響します

一般的に売られている、または付属のケーブルは
大量生産用に、コストを下げて作られたものを使用するので
簡単な作りで、最低限度(音が出れば充分)の線材で結ばれていて
大体がジャックの端子と線が樹脂で覆われているものを多く見かけます

線材を例えるなら、音が綺麗に運ばれるように整備された専用の輸送用道路です
これが整っていないと
でこぼこの道や、道幅が異常に狭い道、草に覆われていたり、所々に迷惑駐車もいたりして
スムーズに音が流れない状態が起きます 
荷物が満載の場合、満載でなくても途中で荷物が落っこちたりして散々な目に遭いながら
目的地に到着します
100の荷物が70や40まで減ってしまう状態が通常の音の伝達だと思って下さい

グレードを上げるために
この部分のケーブルを自作してみました


今回はヤマハの簡易音響システムのSPケーブルと
Mesa Boogie MarkーIIIのSPケーブル交換でしたが
自作したケーブルの音は、中低音域が出てはっきりとした音で
音圧もありました

機材によっては極端な変化ではなく、好みの選択な感じになるものもあるかと思います

近年は、最初からこだわって丁寧にパーツを揃えて作られている機材は
あまり見なくなりました
企業は少しでも安く(利益を上げようと?)しようとしているし
隙間産業で、機材やアンプのグレードをオーダーで仕上げる工房も有り
それらも産業の仕組みになっているのも要因の一つであるかと思いますが

自分の使用している楽器や機材に違和感があるなら全て
なんらかの方法で解決できますし、これが楽しさの一つでもあります







コメント(0)

音楽の仕事
2017/08/07 14:49:33 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
音楽教室oparagon 上原です

音楽の仕事の人って普段何しているの?
興味のある方もいらっしゃるかと思います

朝は楽器での指慣らしや、楽譜でのトレーニング
昼後は、生徒さんへのレッスンや、空いた時間で楽器機材のメンテナンス
夕方以降はバンド練習曲や、楽曲の音拾い(コピー)等で曲を覚える作業
夜はそのまま、その続き... あっという間に1日過ぎます

バンド等に参加している場合は
練習日までに決められた曲全てを演奏出来るように
密な練習が続きます
(来週までに4〜6曲仕上げてね!、はざらにあります)

一般的な社会人バンドのメンバーの場合は
本職やバイトでの仕事からの給料がありますので
できそうにない曲はやらなくても良いし、嫌なら抜けられます
ライブ時の演奏も飛び入りやら低料金やら無料で行う事で
不安定な演奏でも楽しみの一環として気楽に行えますし
演奏が上手くいかなくても ”無料” や ”低料金だから多めに見て” で
済ませられます

でもこれで収入を立てるとなると
一回のライブにどれだけ宣伝できるか、入場料金も赤字を出さないように
お客さんが納得して払ってもらえる金額で、しかも生活できる程度のギャラが入るように...
ライブ一回行うのに意外なほど出費します
 例:毎回の練習場代、楽器運搬のための車等の交通費や駐車場代、ライブ会場借り賃...
それらを差し引いての黒字を出すライブを、毎回目指していかなければなりません
いつも、この次のライブ時の為の広告宣伝が ”今のこのライブ” になりますので
手を抜けば、次のライブでは誰もチケットを買ってくれません

上手い人が演奏するとお客さんも集まるのか?
”演奏が上手くてもお客の入らない見ていて楽しくないバンド” も存在します

逆に”演奏は大した事ないのにいつも満員のライブ”
やって見ないとわからない部分もあります

歌や楽器を教えている
楽曲や編曲等の楽譜の作成
依頼されてのCMソング等のコマーシャル曲作成
オリジナル曲の作成...
色々な仕事があります

どれをとってもだいたいの場合
締め切りがありますので
それに合わせて全部の時間を一番良い状態で仕上げる為に使います

一回で仕上がる場合も有りますが
作り直しも多々有ります、結構な根気と時間が数倍かかります
しかもその過程は目に見えないので
生みの苦しさは周囲の方には伝わりません
しかも音楽の出来は受け取った側が決めるので
上手とか下手とかも関係なく、時間や手間も関係ありません
早い話が相手が気に入ったか、お客さんが納得したか楽しめたかどうかだけです!

自分も良いと思うし、相手も良いと思うし
という場合は報われますが、相違があれば...悲惨です
様々な経験や感情表現が問われる仕事です

朝から晩まで、連休や祝日も関係なく
ひたすら音楽が好き!な方、限定の職業です






コメント(0)

いつもありがとう
2017/08/06 18:18:14 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
音楽教室paragom 上原です
この夏休み中にも何人かの生徒さんが入会してくれまして
感謝申し上げます

なかなか楽器を人に教わるっていう事には
勇気がいる事だと思います
それにも増して
問い合わせ時に緊張して電話もメールもかけられない人が
どれだけいるかもわかります

大抵、楽器を弾きたい人には
おしゃべりが苦手な方が多く、おどおどしてまいがちですが
なぜか楽器を手にすると立派に喋れたりするのが不思議です

ボーカル向きの方は
みなさんの思う通りで、おしゃべりが好きな人、得意な方が多いです

色々な方がいますが
時間に追われてやりたいことができないままに日々が過ぎていくのも
もったいない気がします
勇気を出して
好きな事には好きと、言える毎日を過ごしていきたいですね

みなさんいつもありがとうございます










コメント(0)

ギター用 機材
2017/08/03 10:55:01 ブログカテゴリ 感動 | 書庫 全般
音楽教室paragonでは
エレキギターも教えていますが
数十年前に購入した機材が今も活躍中です


YAMAHA FX550 の紹介です

この機材は基本的にエレキギター用のマルチエフェクターで
Comp, Dist, EQ, Cho, Delay... 数十種類のエフェクターが内蔵されていて
フットSWで呼び出し、個々のON OFFができます
”こんな名前のエフェクトはこんな効果が出ます”という説明ができるので
これをパワーアンプに通してコンポのSPで再生しながら
レッスンで使用しています

すごい器用に色々な音色で良い音が出せます
未だに故障知らずで、さすがの日本製のYAMAHAです 

入力の調整もできるのでAGを入力しても
ちゃんとステレオでこれまた綺麗な音がします

今の時代は安価な外国製品がお手軽に手に入って
便利になりました
選択の幅が広がってどれを使用するのか困るほどですが
個々のエフェクター単体での音色を知っているかどうかで
音作りの効果は雲泥の差が出ます

例えば、エフェクターではTube Screamer 初期のIbanez製品の音を知っていると再現できます
RATやRolandのテープエコーマシーン
他には、ベンチャーズサウンドに欠かせないFender Reverb
ギターアンプではMarshallやMesa Boogie等
今では手に入らない機材のモデリング満載で魅力的です

最近の機材は購入後にそのままの音でLIVE等に使用できるような
プリセットが入っていますが油断の元です
プロ仕様の高価な機材だと、購入したことだけで安心して
そのまま使えると信じてしまいがちです
仮にオリジナルだとしても改造されていたりして...
どんな機材でも過信せずに音色には調整、微調整して使える音に仕上げていきます
個性を出したいなら、時間がかかっても必ず自分で音色を一から作ることをお勧めします

音自体の認識
デジタル世代には 超低音から超高音域まで出て
平面的な壁のようなイメージの音が本質のように感じていると思います

アナログ派の世代は 人の耳の聞こえる周波数に合わせて範囲を限定し
大きな塊が飛んでくるようなイメージが音の本質のように感じていると思います

どちらが良い悪いではありませんが
使い分けが出来るともっと豊かな音の世界が広がっていきます
話は逸れますが、若い世代の方は
一回はレコードを質の良いアナログのステレオセットで聞いて
本家の音やサウンドの傾向
音の塊がなんであるかを体験しながらの試行錯誤で音作りに芯が出てきます

さらに脱線しますが
イベントの音響屋さんで
カーステレオや、イヤホーン、手持ちの高性能なSPの重低音に慣れてしまって
ライブの音質がやたらと低音域に行ってしまった残念な場にもよく遭遇します

音作りには完成形がありません
日々の自分の耳の聞こえ方と、一般人の聞こえ方の違いが有りますが
最終的には自分の聞きた事の有る音色に合わせる方向になっていきます
大きな電気店で
高級なコンポが視聴できる状態になっていたら迷わずに
店員さんに声をかけて、できればレコードの音で
無ければ自分では出せない最上級の価格帯の
または最新の機材の音色を聴いて見てください

綺麗な音色や、個々の楽器自体の音色、サンプリングされたエフェクターの
実際の機材の本来の音色々な音色や、音の聞こえ方の実体験が
個々の耳や感性を育ててくれます








コメント(0)