ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
さすが フジゲンギター
2020/11/28 10:41:31 ブログカテゴリ 感動 | 書庫 全般
音楽教室paragon 上原です

エレキギターネタが続きます

今回は
日本が誇る FUJIGEN(フジゲン)です
レスポールタイプの
 NLS-20R-SPI Neo Classic シリーズ 

このエレキギター凄いです
価格帯も安くは無いですが
同等のクオリティーを求めたら
本家のレスポールより半額以下で
質がそれ以上な感じ

ネックへの弦振動でボディー全体も鳴るし
パーツも文句なし
特に感心したのが電気パーツ
ちゃんとCTSポット装備で配線材も綺麗
何よりVoポットが Bカーブ で音の立ち上がりが好み

そうそうこれこれ
といった感じで仕上がっています
日本製ならこうじゃなくっちゃ〜!
重箱の隅まで突いて追求するプライドが見えます

80年代のギターのVOポッットは
大体 Bカーブ(音量が徐々に上がる)でしたが
いつの間にか Aカーブ(8~10で急に上がる)が主流になっています

フジゲンの
ネオクラシックシリーズ
ギターに限らずベースギターも気になります

表面を丁寧に作って見えないところに手を抜いて荒稼ぎ
なんて事は、いつの時代にも だと思いますが

プライドと責任を次の世代へ引き継ぐためには
職人の妥協の無い誇り
会社としての責任感が必要です




コメント(0)
トラックバック(0)

ibanez AZ その後
2020/11/25 19:04:05 ブログカテゴリ ならいごと | 書庫 全般
音楽教室paragon 上原です

Ibanez AZギターの音が納得いかず
の記事を前回出しまして
またまた色々いじくり回していました

やっと分かりました
PUのレイアウトがSSH
ついていたポットがVo Tone 共に500KΩだったので
そのままの数値でパーツの交換したのですが
シングルPUが2個も載っているのに500Kは
やはりマズいのでは? と思い直し
ボリュームとトーン 250kΩ へ変更しました

これこれ、やっと本来の中音域の出た
ちゃんとした音が出て来ました
元々付いていたポットの数値を信頼しすぎました

ちょっと考えればわかる事でした
でもって検索すると
SSH仕様エレキギターの数値は
Vo 250K, Tone 500K
がベストと誰かが書いていました

要は音の入り口であるVoポットの数値を
ギターの多い方のPUレイアウトに合わせる
SSH なら250K, HSHなら500Kへ
SHならよく使用する方のPUの数値へ

なのでSSH仕様のAZは Voポットを250Kで通常使用できます
でもって Toneが250Kなので
リアのハムPUの音にした時の違和感がまだあります
ので機会があればトーンを500Kにしてみようかな
でも、トーンはプッシュSW付きでシングルとハムの切り替えも
できる様にしましたので様子見です

この Ibanez製 AZ ギター
 PU だけ変えようかな? とか色々思いましたが
なんとポットの変更でまともなギターに大変身です
パチ パチ パチ!

メーカーも安易な回路や数値のパーツで出さずに
色々試行錯誤して最上の音が出る状態で販売してよね

さあ、
これで準備は出来ました
どんな音楽もどんなバンドでも出来ます
楽しい未来、楽しい時間の開幕です

皆さんも自分を軸にして
何事でも違和感があるのなら納得のいくまで
追求していく毎日をお過ごしください

楽器に関して
今まで色々な改造や変更等を納得のいく様に
実際にやってみながらノウハウを蓄えました

音楽教室paragon では
通ってくれる生徒さん達が所有していたり
持参してくる楽器は細かいところまでチェックして
楽譜や音楽以外に
演奏が少しでも上手くなる様な楽器の調整の仕方や方法も
レッスンの一端として教えています
 
変な楽器では絶対に上手くならないことだけは
強く言っておきたいです

何かしらの違和感がある場合は
何事でも専門の人に必ず相談しましょう
ちゃんとした専門家なら必ず解決してくれます

いつでも生徒募集中!です
お気軽にお問い合わせください



コメント(0)
トラックバック(0)

Ibanez AZ セレクトSW
2020/11/18 08:55:38 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
音楽教室paragon 上原です

今年購入しましたエレキギター
Ibanez AZ226PB
購入時から納得のいかない音と雑音に
電気パーツ配線材に手を入れて全部交換
特にSW類の貧弱そうなパーツ
AZシリーズの謳い文句である多彩な音色の
SW類を取り外しました

ビニールに入れて保管

ミニSWとセレクターSWです
歪ませるとシングルPUにノイズが発生
原因は何本もの配線材かな?

各PUからの配線を一手にハンダする基盤が
SWに取り付けられています
小学生の理科の実験に使用されそうな線材
どう見てもオーディオや楽器向けじゃない様な
ふにゃふにゃな感じ

一本ずつ配線材を交換し直そうかな?と思いましたが
この本数なので
思い切って撤去 通常仕様の配線に
でもどうにも音の特徴が掴めなくて困惑
 
ブルースに向いていそうな中音域...
リアPUで思い切り歪ませての...

どちらも今ひとつ足りないパワー
搭載のPUの特徴のせいなのか

とても軽量で弾き心地も良いのですが
エレキギターとしての音色の個性は今のところ見当たりません

アンプ直でもエフェクターに繋いでも
柔かい感じの音色で音伸びも今ひとつです

ちなみに初期の電気パーツは
PC上でのDAWでの録音みたいに
直接アンプに繋がないのであればノイズは
ノイズゲート等で抑えられて気にならない

問題は真空管アンプ等で大音量にするライブ志向
歪みの量を増やしたりしたハードロック志向の場合は
使えないような ジ〜ジ〜 といった致命的なノイズが発生していました

取り外し後は
ベルデンの配線材やCRL製のSW等への交換
ノイズは無くなりました

最近は誰でも手軽にエレキギターのパーツ交換が出来る様に
細かい部品まで購入できる様になっています
なので購入者が勝手に部品交換して
グレード上げて使用してね! と売り出しているのかも

数万円で購入できるギターの完成度
数十万のギターの完成度
弾き心地の差は少しですが
出てくる音色はほとんど差がなくて分かりません

最近のIbanezはこういった内部の配線材や部品の手抜きが
音に関しては高くても安くても一緒な感じになる要因だと思います
低価格帯で良いものを はクリアしています

でもギターの中途半端な価格帯(初心者〜中級〜上級)
特に十万円代の価格帯の中級ギターは要注意

生徒さんの中に
Ibanez RG の最上級プレステージモデル20万円代を
購入して持って来ていましたが
音に関しては太くてしっかりとした音色で感動しました

Ibanezに関しては
同じモデルであれば中途半端な 中級なプレミアムモデル ではなく
貯金して上級モデルの 最上級なプレステージモデル を購入することを
強くお勧めします



コメント(0)
トラックバック(0)

沖縄のロックバンド Jupiter 
2020/11/02 18:05:41 ブログカテゴリ 楽しい | 書庫 全般
音楽教室paragon 上原です

一昨年よりギターで加入しました
沖縄のロックバンド Jupiter(ジュピター)ですが
コロナの影響で活動がままならず
今年はバンドでのリハも数回のみで滞っています

爆音とともにロック好きなお客さんに向けての
ライブをたくさん企画していましたが
尽くキャンセルになりました
残念!

この巣篭もり中の休止期間に
Jupiter の新曲が出来上がっていまして
メールやDTM、一人一人の録音作業にて
数曲ですが
ギターの録音しました

エレキギターはもちろん
12弦のアコギも入れています

これまでとは違った多彩なJupiterサウンド
になっていますので
バラエティーに飛んだ音楽世界が堪能できると思います

実際に面と向かわなくても
パソコン作業で録音のやりとりが出来る今日この頃の
音楽作成の技術的な進歩は
時間のある方への新しい方法として大きな武器になります

DTM等のパソコンでの録音作業中は1人なので
その人のスキルが試されますが
思う存分熱中して楽曲に取り掛かれますので
何度でもやり直して自分の納得のいく
世界に仕上がったときの満足感は格別なものがあります

沖縄のロックバンド Jupiter(ジュピター)
ボーカル里美さん、ドラムさん
の2人を中心に沖縄ロック40年近く走ってきた実力派の
ミュージシャンが在籍しているバンドで
恥じないような魅力あるライブにたどり着くまで
あと少しの辛抱です

コロナ騒動の目処がついてライブ可能になったら
弾けるエネルギー満載のこのバンドのロックを
是非聴きにきてください

ライブも
これからの新曲も
是非 お楽しみに!




コメント(0)
トラックバック(0)