ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
ギターの弦 交換
2021/02/28 17:35:10 ブログカテゴリ ならいごと | 書庫 全般
音楽教室paragon 上原です

今日で2月も終わり明日から3月です
新年度に向けての準備が始まりますね
心機一転頑張りましょう

本日のアコギレッスンでの一コマ
”これ何に使うの?”

小学生の女の子
アコギを買ったら
セットで色々ついて来た中に入っていました

”これはギターの弦を巻く時に使うんだよ”
と使い方を教えて
一緒に弦の交換をしてみました

アコギはブリッジに弦をピンで留めて
その前に外す作業ですが
この工具につている小さな溝に当てて食い抜きの原理で
ピンを引き抜きます
ちょっとした力が必要です
子供だけだと難しい

ヘッド側に弦を巻いていく糸巻きがあります
これも外す時にペンチ等の工具を使用して外します
うまくしないと指に弦の端が当たって痛い思いをします

あとはこの工具でスルスルと巻いて行くはずですが
小学生だし初めてだし慣れないとペグからずるっと外れて苦戦!

便利グッズが手で巻くのとあまり変わらず
思いました ”大人目線の工具です”
手の小さな小学生にはあまり便利ではありませんでした

弦の交換時には
大人の方の介添えが必須です
特に小学生や初めての子には
弦が跳ねて目に当たったりもするので防具メガネが
あったほうが良いかもしれません

問題は
このセットが子供向けの小ぶりな楽器についてくる事
弦の交換はできたほうが良いのですが
小学生は早いのかも
中学生くらいからだと分別もあり良いのかと思います

大人には便利なグッズも子供向けには
改良を要する物多々有りだと感じました

大人が簡単だからと言って子供だけにさせてしまうのではなく
しっかりと共にやり方を見届けましょう

何事も慣れが解決しますが
時間や手間を惜しまずに進めて行けるよう
周りの見守りが必要だと思いました




コメント(0)
トラックバック(0)

ギターケーブル作り
2021/02/23 17:26:17 ブログカテゴリ ならいごと | 書庫 全般
音楽教室paragon 上原です

天皇誕生日の公休日
天気も良く
ゆっくり過ごしています

こんな日に
注文していたギターケーブルのパーツが2日遅れで届きまして
お昼から作成しました

左は MOGAMI 3368 、右は BELDEN 9395 太さがかなり違います
BELDEN製が一般的なケーブルの太さです

MOGAMIはプラグがLサイズでないと入りません



左から
MOGAMI3368、MOGAMI2534、BELDEN9395
作成しました

プラグ部分
左から Swichcraft, G&H, ノイトリック
抜き差しのしやすさと割安はSwichcraftですが
しっかり刺さるのはノイトリック製でした

最近気になっていた MOGAMI3368 
ぶっとい音が出ます

MOGAMI3368、
 ケーブルは柔らかいし低音域が充実して迫力が出た。軽量
MOGAMI2534、
 全体的に音域が綺麗な感じ素直に音が出る
BELDEN9395、
 音抜けが良くて明るく元気な感じで中高音の抜けが良い

どれも甲乙つけがたいのですが
あえて言うとMOGAMI 3368、BELDEN 9395 は
エフェクター前に使用するケーブルで
ギターノイズが軽減される感じがします
MOGAMI 2534、はエフェクターからアンプへのケーブル
素直な音といった感じです

BELDEN 8412も持っていますが 9395 が好きです

ケーブルの太さ気にしなければ
MOGAMI 3368 かなり好きな迫力の音が出ます
2段積みのアンプとかに繋いで低音の違いを体験したい
今後注目のケーブルです

エレキギター特有の良い感じの音は
BELDEN 9395 が優秀で
ずっと気持ちよく弾いていられます

様々なメーカーから色々ギターケーブル出ていまして 
明らかに出音の大きさに差があります
(ケーブルだけで音質も変わります)
好みは自分の耳で確かめるしか無いので
音響屋さん並にケーブルが増えて行きます

何かしらの知識の伝達ができたら良いと思いますので
ギターの生徒さんたちには
様々な型番ギターケーブルを繋いで
音を聞いてもらっています

楽器を購入時についてくる安価なケーブルは
不具合が起こったら修理せずに高価な物へ買い替え
をお勧めします

MOGAMI製やBELDEN製は
ケーブル自体の音が良い上に丈夫なので
購入時にケーブルに表示してある型番を見て
なるべくメーカー名のある物を購入する事が良いと思います

体験レッスンいつでも受け付けています
 音楽教室paragon 
 にてご検索ください




コメント(0)
トラックバック(0)

ズボンのベルト
2021/02/19 19:57:26 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
音楽教室paragon 上原です

全国的に寒さが厳しくなっていますが
皆様、体調管理しっかりとなさって下さい
沖縄も風が吹くと結構寒い

話は変わって
ギター弾いていると楽器の裏側に
ベルトの金具が当たって引っ掻き傷が出来てしまいます

今まではこの傷が勲章だ! 
と訳もわからず思っていましたが
どのギターにもベルトのバックル傷が出来るので
諦めていました

幅広のベルトからおじさん専用の無段階調整ベルトまで
持っていますが
全部バックルが金具
皮と合成皮で10本くらい有りましたが
使用と共にどんどんねじ曲がったり色落ちしたり
見た目も悪くなっていくし...

楽器持たなければ問題なしですが
ギター弾くときは傷がつくので困っていました

しかし
バックルがプラスティックのバックル
あるじゃないですか!
いわゆる作業ベルトですが
色もカラフルでしかも劇的に軽量


なので3本まとめて購入

以前にお試しで黒を2本買っていましたので
これで5本になります

古い金具のベルト処分して
ジーンズの色とおそろにして
ほぼこの作業ベルトに交換しました

これでギター弾いても傷つかない!
と思いたい

メーカーも色々有りますので
全品メーカー違いでお試しです
茶色のメーカーがベルト部分が丈夫そうです
他の2個は切ったらほつれました

ライターであぶって補強しました
ご参考まで



コメント(0)
トラックバック(0)