ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
2016 エリッククラプトンの日本公演
2017/01/08 09:33:23 ブログカテゴリ 感動 | 書庫 全般
静岡に住んでいる友人が
昨年のクラプトン日本公演に行って
すごく感動した!
ということを言っていまして
プレゼントしてもらいました

見に言った方の中には批判的な意見が多く
アンコールが無かったとか、ジャージで何だ? とか

その友人からこんな内容のメールが
さて、クラプトンですが、抹末梢神経障害を患っているらしく、日本公演のジャージもそれが原因のようです。
そういえば、かなり前から片足をかばって歩いているように記憶しています。海外ではツアーのキャンセルもあるなか、昨年、日本に来てくれたのは、商業的な事だけではないように思っています。
身体こわれてもステージにたつ、無様な姿をさらしても演奏で黙らせる、そんな無口なミュージシャンに、
音楽の感じ方も目を醒まします。昨日のライヴは、ほんとに心から震えました。
今年も少しはライヴするようなので、頑張って欲しいです。
頑張れ、クラプトン”

見ている自分たちの見方として
ステージに上がる人は ”体調が万全で、健康で...” という
思い込みで見てしまい
少しでも変な内容や、前回の内容と比べて短いと
”手を抜いている” とやや批判的な意見に陥りがちです
もちろん、体調や内容は演奏者からすると
毎回のグレードアップは出来て当然ですが!

体調不良や準備不足等のマイナス要因は
絶対に発表しません!
なので、内幕を知っている一部の関係者や身内の方は
相当に気を使った公演だったのではないでしょうか? と思います

レジェンドと言われる方々の高齢化
それを見て救われる観客の方々!

高齢だから、という理由もそうですが
”一生懸命だから” または ”余裕を持って出来ているからカッコ良い”
ということも

あの人ができるなら 自分にも出来る
あの人が 一生懸命やっているのだから自分も、頑張ろう!
と奮起して今年一年も頑張ってみようではありませんか





コメント(0)