ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
ものの見方 考え方 1
2017/06/19 11:48:30 ブログカテゴリ ならいごと | 書庫 全般
日頃のレッスンの中で
色々な世代の方々と接していると思ったり感じたりする事があります

*まずレッスンについて
”年寄りでも習い事して良いの?” ”これから始めたら何年かかるの?”

習い事自体が ”幼い子供向け” と感じている方の多い事です

思った時が習い始めの絶好に機会! だと思うのですが
なかなか足が向かない、笑われたらどうしよう!
改めてよく見たら自分自身が器用じゃない気がする!

そんな思いの中で、勇気を持った方だけが新しい扉を開けて
”なんだ、もっと早く始めてたらよかった、ちゅうちょしただけ時間の無駄使いしていた” 
という声をよく言って来られます
”始めてみて、ダメな時には出直します” くらいの気持ちで出来ると
上達も気負いなく見込めます
何よりも
”始めてみたい”
”興味がある” ”音楽を聞いていると、この楽器に耳が行くんだよ” とか!
好きな物や事柄として感じている方は習い事をオススメしたいと思います

*もう一つは考え方です
自分についての思い過ごしです

何か行動を起こしたら、結果が出ます
その過程が大事だという方もいますが、その当事者には結果が全てです

”自分の力が足りなかった” ”あの時こうしていれば” または
”自分を信じてよかった” ”自分の判断は間違っていなかった”

運命の分かれ道は積極的な自分がいたか、いなかったか、だけです
プラス思考の方もいればマイナスも
でも考え方の方法には、掛けたり割ったりも有ります

色々な思考の生徒さんと対峙して教えていくと
一つの方法論だけでは納得させる指導が出来ませんし
飽きられてしまいます

上手く伝えるように様々な比喩や例えを示しながら
たくさんの方が音楽に、楽器に、
さらには自分自身に興味が持てるような方法で指導していきたいと
常日頃から思っています

毎日の生活が必死な方も
余裕で暇人な方も
今一度自分の興味の方向や、社会への関わり方を
見つめ直してみるのはどうでしょうか!




 


コメント(0)