ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
ギター用エフェクター
2017/12/26 11:52:10 ブログカテゴリ コレクション | 書庫 全般
今年も残りわずかとなりました
音楽教室paragon 上原です

今年もギターやウクレレ、ベース機材の修復や調整
グレードアップのために購入した数々の品があります

その中で、省スペースで使用できる
ギター用エフェクターの音色にびっくりしました

大きさはスマホの大きさの2/3程度の幅で
機種も色々あり、目移りしましたので
Tube Drive, Distortion, Metal の3種を購入しました
Delayも2個セットしました

Metalが程よい歪みと扱い良さでびっくりしました

この種類の割安なギター用エフェクターは
コントロールの幅が小さいです
エフェクター扱いに慣れていないと、使える音を探し当てるのに
数時間かかります
Metal以外の写真の物はToneを全開で使用して通常の音色になり
歪みの度合いを少なくセットしていく方法で使える音が見つかります
そのあとにmm単位でツマミの微調整をして好みの音になります

耐久性が疑問ですが
SW部分と中の基盤が一体化していて
クッション的な物が有りませんので、SW部分を強く踏みつけて
貫通すると中の基盤が折れて壊れる気がしますので
ライブで暴れるバンド系統の方にはNGな商品です

*2箇所の変更してあります
 踏みつけると真ん中のツマミに触れて動くので
ギター用の重いメタル製のVoツマミに
 踏みつけるSW部分は
ホームセンターに売っている椅子の足用のゴムカバーを切って
被せてあります
 安価な商品には不具合や不都合があります
でもそれをどうしたら使えるか!を考えてやってみる楽しさがあります

Boss等の一般的なギター用エフェクターは
メモリの位置が、真ん中の12時方向でそのエフェクターの
特性が発揮された音色になりますので
困ったら真ん中にして下さい、と開発者が言っていました

初心者で、色々な音色をエフェクターで経験するための
アイテムとしては絶好のものだと思います
ずいぶん昔に自分で最初に購入した Ibanez のTUBE SCREAMERは
¥15000くらいだったと思います(今も現役です)
それに比べて
これらの商品は¥3000~5000程度なので3台から5台買えます
勿論、耐久性には雲泥の差がありますが
軽量だし場所取らないし、丁寧に扱えばなんの問題もないかと思います





コメント(0)

▼このメッセージへのコメント一覧

コメントはありません。

▼このメッセージへコメントを書き込む
名前(25文字まで)
URL
コメント
画像認証 下記に表示されている数字を半角で入力してください。