ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
ギターのPU 破損
2018/05/03 16:19:50 ブログカテゴリ ライブ | 書庫 全般
音楽教室paragon 上原です

先日の宮古島でのボラーズBandで
ギターのフロントPUの音が以上に小さかった(断線?)ので
原因追求しました


多彩な音色で演奏できるように
PUのフロントと、リアにはダンカンのホットレールに変更されています
(リアPUは以前のモデルが、フロントは現行使用のPUです)

このギターはシェクター製のストラトタイプで
PUにはモンスタートーンが、これとホットレールの組み合わせが
自分のお気に入りで、タップしてハムとシングルに切り替えができます


このモデルは何回か仕様変更がされている様子で
自分の所有もこのタイプです

このPUの白いカバーと、中の緑部分の本体が
宮古島への飛行機での運搬の際の絶え間ない振動のせいで
外れていて、ケースを残して緑の本体部分がPUの溝の中へ落ちていました
自分のは黒なので、気がつきませんでしたが
カバーのみが残って、PU本体は中に落ちていたので
弦との距離があまりにも遠くなりすぎて、異常に小さな音だった事が
判明しました

以前のモデルも使用していますが
現行のこの型は、細かい振動で外れます(要注意です)
フライトは約45分ですが、耐えず振動するとそうなるようです
新しい発見にワクワクとワジワジ〜が起こりました

通常のライブでは
普段よく使用するギターを持っていきますが
今回に限っては、多彩な音色を優先して
チェックを怠ったままで、使用しまして
痛い目を見ました  

人生の3つの坂の一つ
上り坂、下り坂、
まさか(これこれ)に当たってしまいました

知識が増えたと思えば、人生になんのムダもありませんが...







コメント(0)