ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
二人暮らしから結婚へ踏み切るタイミング
2014/02/26 16:54:47 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

あっという間に熟年カップル?結婚の時期を逃さない為には。今回はvita bellaでお説明致します。

 

結婚を前提に二人暮らしを始めるカップルは多いですが、何時何時までに結婚をする等、具体的な計画を立て、二人暮らしを始めたカップルは、同棲から約1年以内では、結婚という理想の形にたどり着いています。しかし中には、「居心地もいいし、もう少しこのままの生活でもいいかな」なんて、ズルズルと微妙な関係を続けている男女もいるそうです。このように結婚のタイミングを逃してしまう、最悪の場合、「別れ」というケースを選ばざる得ないケースももありますので、最悪の状況を避けるためにも、幸せな結婚へとつなげた男女の実体験談を参考にしてみよう。

 

実体験1・早く会いたい・・。離れて感じる相手への思い

 

天気が良い日も雨の日も、そして仕事で失敗をした日や普通の日も、当たり前のように、そこにいるパートナーの存在になれた頃、彼女や彼の実家のご両親が体調を崩し、急遽実家に帰ることに。その為、二人暮らしの生活から一変、しばし独身生活へと逆戻りの日々。数日間は、独身生活も満喫できるはずなのですが、次第に増してくる寂しさ。帰宅すると必ず「おかえりと」と笑ってくれるパートナーが、数日家を留守にしたことで、突如襲う、孤独感や不安にふと「結婚」という二文字を頭にかすめる男性が多いとか。当たり前だと思っていた二人暮らしの毎日が、こんなにも不安定だったという事に、気付かされた瞬間、相手のことや将来の事に真剣にむきあえるキッカケになるのだとか。

 

実体験2・できちゃった!ドタバタ劇のその先はにあるもの

 

ラブラブな二人暮らしでは、どうしてもハメを外し、無計画に妊娠してしまうケースがすごく多いようです。結婚を前提とした二人にとっては、想定内のことですからこれも結婚のキッカケとなることは間違いありません。しかし妊娠というのは、愛しているや好きという感情だけではどうにもならないこともありますので、中には、妊娠をキッカケに二人の間に大きな溝を作ってしまうケースもあるようです。例えば、女性から妻、男性から子どもの父親という立場に変化した途端に、急速にそれぞれの態度に変化が見られることも。女性の中には、妊娠を結婚の引き合いに出す人もいるようですが、6割以上の男性がドン引きという回答もありますので、注意をしましょう。

 

実体験3・そろそろ・・。無理やり作る結婚のイメージ

 

近年、結婚の平均年令が高くなっていると言われており、男性の場合、40歳をすぎても初婚というケースも珍しくありません。しかし男性と違い女性の希望は、できれば20代後半から30代まで。肌のハリがみずみずしく、ウエディングドレスが似合う年齢が良いと願っている方がほとんです。その為、時間的制限があることをわざとアピールする女性も多いのだとか。その他にも休日、デートにでかけた際に、わざとウエディングドレスが飾ってあるショップの前に行き「あ〜これいいな〜」なんて結婚を意識していることを匂わすという作戦に出る人もいるようです。すでに結婚を意識していることを彼に気づかせることで、彼からのプロポーズを誘導するという作戦も意外と効果的のようです。



コメント(0)
トラックバック(0)

ゲストドレスのコーディネート
2014/02/21 17:27:38 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

このゲストドレスはウエスト部分のゴールドの刺繍の糸が一部ややほつれておりますが、特に目立つものではなく、キレイに着ていただけるかと思われます。

 

淡いピンク+グリーン+ブルーの優しい色使いと、ウエスト部分のゴールド糸の刺繍がポイント。

 

さらに、正面と後ろ姿でデザインが違っていて、とっても凝ったつくりになっています。

 

平子さんみたく、ヒョウ柄パンプスを合わせてハズして着こなすのもカワイイ☆

 

このドレスを着ると、誰でもすぐにシンデレラに変身できちゃいます♪

 

花嫁さんの結婚式の2次会ドレスとしても、人気です。

 

おすすめコーディネート

こちらのドレスにヒョウ柄パンプスをコーディネート☆

さすがオシャレ上級者ですね!

ゴールドミュールなどを合わせるのもオススメです。





コメント(0)
トラックバック(0)

真っ黒はなんかいや
2014/02/10 16:23:24 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

私の意見としては、結婚披露宴の光景が「真っ黒」となるのも、せっかくの華やかな結婚式に似合わないのでどうかと思いますので(男性人は全員ダークスーツですからね)、若い人が黒のフォーマルドレスを着るのはあまりオススメしていないのですが、ミセスの場合はあまり派手すぎもどうかと思いますので黒でもよいのではないでしょうか。

 

もちろんカラードレスでもよいと思いますが、ブラックのドレスも最近流行ってますので悪い選択ではないと思います。

 

結婚式に行くと女性でも結構な割合で黒いドレスを着ている人がいらっしゃいますよね。

 

黒は着やせ効果がありますし、黒という色は色そのものでは華やかさを出せない分、デザインで華やかさを出すように作られているものが多く、流線型のラインを上手く使った、非常にきれいなフォルムが出るものが多いですよ。

 

ただ、コサージュやアクセサリー、パンプスなど、ドレス以外のところでなるべく派手で華やかなものをチョイスしておきたいところですね。

 

何れにせよミセスだからどうのこうの、ということはあまり周りの人は意識しないものですので、結婚式に映えるものを着ることが大事ではないでしょうか。

 

また、レンタルサービスを利用することで、エレガントで豪華な服を借りるというのもいいですし、最近は楽天モールなどに出店している通販ショップでも非常に格安で購入することもできますので、いろいろ選んでみるのもよいと思いますよ。




 



コメント(0)
トラックバック(0)