ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
会場選び&コーディネートはキュートさに高級感をプラス
2014/03/26 16:50:14 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

キュート&フェミニンな花嫁を目指すなら、ふんわりスカートラインで動き回れる広さの会場がベスト。せめてゲスト数+10名がMAXである収容人数のバンケット(披露宴会場)を選びましょう。

 

雰囲気で選ぶなら、ゲストハウスやガーデンがぴったり。軽やかな二次会ドレスが似合うよう、明るい内装や窓が多いバンケットなら特におすすめです。会場コーディネートもブライトカラーで華やかさと柔らかさを演出しましょう。

 

たとえばホワイトのナプキンにパウダー・ピンクのテーブル装花とテーブルクロス。そこに添えられるメニューカードは、ゴールドで縁取られたアラベール紙のアイボリーをチョイス。優しい風合いと高級感があるペーパーアイテムは、小さいながらもスパイス的にラグジュアリー感をプラスしてくれます。こんな風に小物たちでさりげなく上質感ををだせるのがオトナ花嫁のキュートなウェディングです。





コメント(0)
トラックバック(0)

人気のロングタイプはほっそり腕に?!
2014/03/25 16:37:13 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

ウェディングドレス姿の花嫁の手元を美しくみせる小物として、グローブは大切ですね。けれども、いろいろな長さやデザインがあって、選ぶのに迷ってしまうことも。どういう基準で選べばよいのでしょうか?

 

そこで、vitabellaでは、ウェディンググローブの選び方をご紹介します。

 

1. ロングタイプ

ほっそり腕を実現、正統派挙式に格式を求められる教会での正統派挙式スタイルの場合、グローブは必須です。 肌の露出をひかえ、肘上あるいは肘までの指付きの長いグローブを選びます。しっかりとしたサテン生地のもので、ウェディングドレスと同系のもの、たとえばドレスがオフホワイトならばグローブも同じ色を選びましょう。一方、ホテルや式場での挙式などでは、それほどの厳格さは求められないものの、ロングタイプのほうが年長者受けはよいようです。 また、ロングタイプは腕をすっきりと見せる効果があるようです。

 

2. フィンガーレスタイプ

着脱の手間がなく、ネイルを魅せる。最近人気があるタイプが、フィンガーレスタイプのグローブです。 指輪交換の際に着脱の必要がなく、さらには、指先を美しく彩るネイルを引き立たせることができます。なお、教会式では許容されない場合があるので、確認が必要です。

 

3. ショートタイプ

オシャレなガーデンウェディングにガーデンウェディング形式など、カジュアル度の高い挙式の場合はショートがお勧めです。 サテン地ばかりではなく、オーゲンジーなど透け感のある素材を使ったものもあります。ドレスの袖丈やデザインとのバランスも考慮しつつ、形式にこだわらないオシャレとしてグローブを選ぶことができます。また、屋外では汗をかくことを想定して、ショートを選ぶという考え方もあります



コメント(0)
トラックバック(0)

人気のブライダル シューズ
2014/03/18 16:23:42 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

美しいパンプスで人気のブランド、vitabellaからブライダルラインが登場しました。

 

洗練されたサテンのシューズにあしらった大ぶりのビジューが、愛らしい大人の花嫁を演出。つま先から覗いた足先のネイルカラーを楽しめば、ウェディングシューズがさまざまな表情に変化。




メタリックパンプスのヒールに煌くビジューが入ったミュウミュウのパンプスは、モードなウェディングスタイルを楽しみたい人にオススメ。普段のコーディネートにプラスすれば、毎日でも主役に。





コメント(0)
トラックバック(0)

ベールとドレスの装飾の関係
2014/03/10 16:53:50 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

ベールを長くするなら、ドレスは花や刺繍などの装飾よりもラインを気にしましょう。なぜなら腰や肩辺りの装飾は、結局ベールで隠れてしまうからです。また、ベール 格安です。

 

お色直しの予定が無く、披露宴などで後々ベールを取る予定であるのなら、装飾が素敵なほうが印象ががらりと変わり効果的かもしれません。

ベールの選び方

 

引きずるほど長いベール、ベール自体に素敵な刺繍が入っているなど、特徴的なものであればベールを優先すべき。この場合ドレスはシンプルなほうが、美しくまとまります。短いベールや装飾の無いシンプルなベールであればドレスも負けじとボリュームが合ったほうが良いでしょうね。

 

主役は一つ!ベールかドレスかどちらかであり、両方主役では逆に目立ちません。





コメント(0)
トラックバック(0)

オーダードレスの優点
2014/03/03 17:28:30 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

可愛いと思ったドレスが、着てみるとイマイチ・・・

なんてこと、実は多いんです!

体型に合ったシルエットを選ぶことが、自分にピッタリなドレスを探し出すキーポイントとなりそう。そんな時はドレスが一番いいです。今回はvitabellaでオーダードレスの優点をお説明致します

 

メリットサイズピッタリに仕上がる

採寸や仮縫いを何度も行い、襟元や袖口の開き具合、パニエのボリューム感といった細かな部分まで調整してくれる。完成したドレスは、全身ジャストフィット。花嫁ならではの贅沢を堪能して。

 


デザイン・素材も自分で選べる

フルオーダーの場合、自分の希望に沿ってデザイナーがデザイン画を描き、素材や装飾も自由に選べるのが魅力。セルドレスも体型に合うようラインの調整、ディテールや素材の変更ができるほか、共布で小物を作成することも。デザインや素材は花嫁の印象を決める大切な要素なので、納得のいく一着を仕立てられる。

 


どんな場所でも気兼ねなく着られる。購入するドレスなので、扱いは思いのまま。早めに着て前撮りしたり、国内リゾートや海外挙式にも気楽に持って行けるほか、ガーデンなど屋外での挙式や記念撮影で汚れを心配する必要もなさそう。記念に取っておき、将来は子供に着てもらうというのもステキ。



 



コメント(0)
トラックバック(0)