ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
ドレスコードについて
2013/09/06 00:00:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

ドレスコードとは、日本でいう「服装規定」のことです。

会の中のさまざまな場所と機会、また行事や催し物、パーティなどの場面で当然、その場面でしかるべきとされる服装のことをいう。ドレスコードは、周囲への配慮から始まったエチケットである。行事によっては主催者側でフォーマル、インフォーマルなどと指定されることも少なくありません。


パーティ等では、英語の表現をそのまま使ってドレスコードと表現されることも多いでしょう。こうした服装の規定は、個人の生活の中では冠婚葬祭において最も顕著に現れてきます。


結婚式本来は準礼服以上が基本である

男性の場合:日本では背広が着用されることが多い。ネクタイは白や黒以外の縞ネクタイが望ましい。背広の場合はグレーのベストを着用し、チーフを差すことが望ましい。日本の結婚式では、ネクタイは白が望ましいとされています。海外では白や黒以外のネクタイが結婚式には、望ましいようです。


女性の場合:ウェディングドレスの多くが白色であるため、それを引き立たせるために参列者は白色の服を着ない。着てもいいのは新婦以外では新郎だけ。新婦を引き立たせるため、女性のアクセサリーは真珠など控えめが望ましい。過度な露出をした服装は避ける。


和装を着る場合

日本の和服は、男子は着流しで正式な場に出てはいけないそうです。

未婚の女子は振り袖、既婚の女子は留袖を着用するというのもありますね。なので成人式で振袖を買い、後で留袖に仕立て直す方もいらっしゃいます。


葬儀

男子は黒染抜き五つ紋に羽織袴、女子は黒染め抜き五つ紋に黒帯が正礼装となります。

葬儀でのドレスコードが、日本では男性は黒ネクタイとなります。

海外でベールをかぶる女性がいますが、これは特に近い親族の女子のみだそうです。

結婚式でのドレスコードは、男子は必ずスーツを着用することです。





コメント(0)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのコメント一覧

コメントはありません。

▼このメッセージへコメントを書き込む
名前(25文字まで)
URL
コメント
画像認証 下記に表示されている数字を半角で入力してください。