ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
結婚式の服装のマナー
2013/09/18 19:31:38 ブログカテゴリ 結婚 | 書庫 全般

披露宴に招待されたら、いつもの自分をワンランクUPさせて新郎新婦の祝福を。しかし、間違いや勘違いから周囲を驚かせている人は意外と多いよう。Vitabellaではお呼ばれゲストとして参加する方のために、結婚式の服装にまつわる基本とマナーを徹底解説しています。


白は花嫁さんの色だから避けること。スカートの丈が短すぎると下品な印象に。華美なディテールはNGです、色・デザインともひかえめにしましょう。華あくまでも主役は花嫁なので、派手すぎる色やデザインのドレスは控えましょう。当日の服装をゲスト同士で話し合うのは良いことです。


昼間のパーティなら露出を抑えて、上着を羽織ると○。夜のパーティでは適度な露出も、派手めのアクセサリーもOK。ただし、ヒョウ柄ドレスは花嫁自身のセンスも疑われそうなので×


披露宴の席で帽子はダメ!長い髪はアップスタイルにすると、自身の格も上がります。

黒のパンツスーツにショートヘアで、いかにもデキルといった雰囲気の女性。でも、披露宴に大きなバッグはおかしいよね。仕事帰りだったのかなぁ?


ジーンズやスニーカー、レザー、ブーツなどカジュアルすぎるものはマナー違反になりますので、注意してください。ロングでもショートでもブーツは防寒具、フォーマルな場面ではNGです。




コメント(0)
トラックバック(0)