ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
アクセサリーの選ぶ方
2013/09/28 22:24:22 ブログカテゴリ 楽しい | 書庫 全般

着飾ったドレスやワンピースなどにアクセントを加え、さらに引き立てるのがアクセサリーです。きっとパーティーに欠かせないアイテムです。でもこんな小さいものもマナーもありあす。


今回はVitabellaではアクセサリーの選ぶ方を伝授します。


新婦が目立たなくなるほど派手派手しいアクセサリーはマナー違反ですが、節度を守って、華やかなおしゃれを楽しめばOKです。生花のコサージュは新郎新婦のみが付けられるものなので、絶対つけるNG。また白い花をつけると、「あの人は花嫁でしょう」誤解を招いたかもしれない、きっと注意を!


昼の結婚式では、派手にならないようにするため、光るものは付けないのがマナーです。パールが結婚式の定番アクセサリーと言われるのは、光らず、それでいて上品な感じを出せるからです。重ねづけすれば、おしゃれな感じがアップしますね。パールを一連で使う場合は、大粒のものを選ぶといいでしょう。ダイヤモンドやゴールドは、小さいものにします。


一方、イブニングドレスやセミイブニングドレスを着ることが多い夜の結婚式では、昼とは逆に、照明に輝く宝石類や大きめのゴールドなど、華やかなアクセサリーを身に付けます。


シルバーやプラチナなども良いですね。昼間、夜の結婚式両方に言えることですが、アクセサリーを選ぶ時は、服装とのバランスも考えましょう。特に黒色のドレスの場合は、全身黒一色になって喪服みたいにならないように、華やかでキラキラなコサージュを選んでください。


アクセサリーも、春夏、秋冬の季節感を大きく外さないような モチーフや素材を選ぶこと。例えば、ベルベット素材を使ったコサージュやネックレス。「ベルベット(ベロア)」はフォーマルにぴったりの素材ですが、秋冬素材ですので 春夏での使用は避けた方が良いでしょう。


服装の着こなしマナーの一つに「季節感」があります(フォーマルと季節感 参照)が、バッグや靴といった小物類も含めたアクセサリーにも同様の事が言えます。ネックレスやコサージュも、装いの一部と考えれば、それも自然ですよね。



コメント(0)
トラックバック(0)