ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
人気のロングタイプはほっそり腕に?!
2014/03/25 16:37:13 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

ウェディングドレス姿の花嫁の手元を美しくみせる小物として、グローブは大切ですね。けれども、いろいろな長さやデザインがあって、選ぶのに迷ってしまうことも。どういう基準で選べばよいのでしょうか?

 

そこで、vitabellaでは、ウェディンググローブの選び方をご紹介します。

 

1. ロングタイプ

ほっそり腕を実現、正統派挙式に格式を求められる教会での正統派挙式スタイルの場合、グローブは必須です。 肌の露出をひかえ、肘上あるいは肘までの指付きの長いグローブを選びます。しっかりとしたサテン生地のもので、ウェディングドレスと同系のもの、たとえばドレスがオフホワイトならばグローブも同じ色を選びましょう。一方、ホテルや式場での挙式などでは、それほどの厳格さは求められないものの、ロングタイプのほうが年長者受けはよいようです。 また、ロングタイプは腕をすっきりと見せる効果があるようです。

 

2. フィンガーレスタイプ

着脱の手間がなく、ネイルを魅せる。最近人気があるタイプが、フィンガーレスタイプのグローブです。 指輪交換の際に着脱の必要がなく、さらには、指先を美しく彩るネイルを引き立たせることができます。なお、教会式では許容されない場合があるので、確認が必要です。

 

3. ショートタイプ

オシャレなガーデンウェディングにガーデンウェディング形式など、カジュアル度の高い挙式の場合はショートがお勧めです。 サテン地ばかりではなく、オーゲンジーなど透け感のある素材を使ったものもあります。ドレスの袖丈やデザインとのバランスも考慮しつつ、形式にこだわらないオシャレとしてグローブを選ぶことができます。また、屋外では汗をかくことを想定して、ショートを選ぶという考え方もあります



コメント(0)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのコメント一覧

コメントはありません。

▼このメッセージへコメントを書き込む
名前(25文字まで)
URL
コメント
画像認証 下記に表示されている数字を半角で入力してください。