ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
色直しの選ぶのポイント
2014/08/08 16:02:03 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

結婚式のドレスといえば、純白のウエディングドレスとカラードレスの組み合わせが最もポピュラー。カラードレス選びは、どんな風に選べばいいのでしょうか。ポイントだけ押さえておきましょう!

 

招待客としては、主役の席が温まる間もないほどお色直しを行なうということは、あまり良いものではありません。招待客の立場になった場合の配慮を心がけましょう。お色直しは減少傾向にありますが、平均すると11.5位になり、少なくとも1回はするということになります。ドレスチェンジには時間がかかるので、披露宴中に何度も席を立ってしまうと、ゲストと過ごす時間が短くなってしまいます。一生に一度の思い出に残る結婚式。色々なドレスや着物を着てみたいという思いはよくわかります。ほかのドレスや着物を着てみたい場合、前撮りするという方法もあります。

 

お色直しを理解したいのであれば、そんな失敗を起こさないためにも、お色直しを、結婚式場ではするか切っておくようにしましょう。披露宴会場が広い場合、それに負けないくらいのデザインのドレスのデザインを選ぶ必要があります。スカートにボリュームのあるプリンセスラインは遠くからでも華やかに見えるのでおすすめです。一方、レストランでの披露宴は、スペースにゆとりがないことが多いので、動きやすいドレスがポイントです。トレーンの長いドレスやボリュームのあるスカートではテーブルの間を歩くのが大変です。ガーデンウエディングなら、緑の中で白のウエディングドレスはとても映え、花嫁を美しく見せます。この場合は、くるぶし丈のドレスを選ぶようにすると

良いでしょう。






コメント(0)
トラックバック(0)