ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
舞台「オダサク、わが友」 無頼派の人生描く
2011/03/18 23:22:04 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
こんばんは。明日から連休ですね。

まだまだ寒いのですが、春が感じられる気候になりました。
被災地にも、早く暖かな風が吹いてくれることを願います。

では、今日もブログ更新してみます。
気になるニュース、ピックアップします。

(以下、ヤフーニュースから引用しています)
------------------------------------
戦前戦後の文学界で“無頼派”と称された大阪の作家、織田作之助。その作品世界と生きざまを描いた「オダサク、わが友」(作・北村想、演出・深津篤史)が、26、27日、吹田市メイシアターで上演される。

 公演はメイシアター開館25周年の記念事業のひとつ。関西演劇界の力を結集し、大阪を本拠に活躍した織田作之助の人生に迫る。

 代表作「夫婦善哉」で知られる織田作。しかし北村は「大阪ローカルの作家というイメージが強いが、実は坂口安吾、太宰治とともに無頼派の作家であり、映画監督の川島雄三との交友関係もあった。川島監督の目を通した織田作に演劇という虚構の力を借りて迫りたい」と話す。
------------------------------------
(以上、ヤフーニュースから引用しました)

そういえば、3月は卒業の季節。

被災地でも、卒業式が行われたようですね。
学生たちにとっては、一生、忘れられないことでしょう。

その力強さで大きく羽ばたいて欲しいと願っています。

それでは、また。


コメント(0)
トラックバック(0)