ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々悩みを抱えた方と向き合っていると...
2016/05/19 21:41:14 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
毎日絶え間なく、多くの悩みが寄せられています。
仕事柄カウンセラーをしている以上は当たり前の事。
仕事・恋愛・家族・病・金銭・育児・人間関係等など。
この世から無くならないものって、つくずく「悩み」なんだと思います。
一緒に喜ぶ日もあれば、共に悲しむ事もあります。
この3年間、ほとんど休みらしい休みなど取った事はないけれど、それでもこの仕事を選んで良かったと今でも思います。
それは自己満足も入っているのかもしれません。
一番辛いのは大切な人の病や、大切な人を亡くして生きる糧を失っている相談です。
ご自身が病の方も少なくありません。
先日もそうでした。
まだお若いのに、全身に病が広がっているとの事。
大きな企業で働いていたのに、もう3年も休職しています。
でもまた働きたい気持ちと、働く自信もない気持ちとの葛藤で辛そうでした。
悔やむ言葉ばかり2時間も聞いていました。
話終わってから、「生きているだけでもうけもん」「働けるだけで更にもうけもん」なのだと改めて気づかされました。
人からすれば、私の生活スタイルは毎日同じことの繰り返しと思うかもしれません。
でも私にとったら毎日が戦場のようなもの。
今日はどんな人で、どんな悩みと向き合うのだろうと思うからです。
同じ人間はこの世に2人としていないように、同じ悩みも答えもありません。
何百何千の相談を今まで受けてきたのか定かではありません。
時には自分の心が折れそうになる時もあります。
カウンセラーは人の悩みを聞き、解決へと導くものですが、だからこそ自分に悩みができても、人には話せないものなのです。
「カウンセラーなのに?」と思われてしまう、そんなカウンセラーという代名詞が、時に邪魔をします。
カウンセラーだって「ただの人間」です。
カウンセラーの前に、感情を持った人間である事には間違いありません。
気分が浮かない日もあります。
逆にとっても楽しい日もあります。
朝方まで仕事をして、お昼前後まで寝て、起きてしばしくつろぎ、お風呂に入ったり食事をしたり、サイクルは毎日一緒。
でもその中でも、内容の濃い生活を送っていると思います。
子育ても無い今は、仕事が生き甲斐。
波乱万丈、一喜一憂、そんな毎日でも充実しています。



コメント(0)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのトラックバック一覧

トラックバックはありません。

▼画像認証
下記に表示されている数字を半角で入力して「トラックバックURLを表示」を押して下さい。