八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
石垣牛ランチ
2008/05/15 21:24:38 ブログカテゴリ 焼肉屋 | 書庫 石垣島グルメ
uppic
3連休最後のランチは、
金城にて、石垣牛をいただきました!
ご飯、お味噌汁、サラダ付で1,000円☆

明日っから、また頑張って働くもんねぇ♪


夜になっても、お腹すかないはずね。
実は…ご飯お代わりまでしちゃったもの (^-^)v

コメント(2)

ムカデ
2008/05/15 18:01:30 ブログカテゴリ 自然 | 書庫 自然
uppic 頭の中は、カフカの小説でいっぱいになった。
働き者のグレゴール ザムザは、
朝起きたら、何故か、毒虫になっていた。


多分、ムカデだった。


ウチはとても古くて、窓にも大胆な隙間が多い。
カーテンの下から、ヤツは、いきなり顔を出した。

自慢じゃないが、初対面で、予備知識が無い。

身動きひとつとれないでいると、姿を消した。


ゴキと違って、飛ばないのは想像がつくが(当たり前だ!)、
カーテンや窓を上り下りできるのかな?

毒を持ってるんじゃなかった?
噛まれたら、キケンなんじゃない?

ゴキフマキラーを手に、必死に姿を探す。
やっぱり、外に出たのかもしれない。


そう思っていると、また姿を現した。

ゴキほど恐くはないが、必死にフマキラーを噴霧した。
カーテンを軽々と上っていく。それでも、噴霧を続けた。

動きは止まったけれど、カーテンにつかまったままだ。

噴霧を続けながら、ゴミ袋に落とした。

どうして良いかわからない。
そのまま、外に袋ごと捨てた。
土曜日のゴミの日に出すけど、大丈夫かな?


私としては、必死に闘った。

グレゴール ザムザは、家族が投げたリンゴか何かのせいで、死んだ。


頑張って闘ったご褒美に、どこかでご飯してくるかな?

いや、ちょっと食欲はないかな?

コメント(2)

海ぶどうキティちゃん
2008/05/15 10:20:26 ブログカテゴリ その他お店 | 書庫 お買い物
uppic 石垣島に住んでいても、時々、
お土産屋さんに入ってみるのは楽しい♪

ご当地キティちゃん、
かぶり物のキティちゃんは多いけれど、
これは、顔も身体も海ぶどう!
ちょっと、たまらない。

"手作り焼きシーサーキット"これも素晴らしい!
粘土で作って、オーブンレンジで焼けるのだ。
友達が遊びに来たら、お土産に勧めてみよう。

Tシャツは、ソバジョーグーの私は、
キンジョーセイメンジョの"I ☆ SOBA"
やっぱり、ソバは、金城だと思うなぁ。

【取材協力(?):おみやげ市場 美ら島屋(730交差点すぐ近く)】

uppic uppic

コメント(0)

沖縄本土復帰記念日
2008/05/15 09:48:33 ブログカテゴリ 基地 | 書庫 社会
uppic
1972年の今日、
「沖縄返還協定」が発効し、沖縄県が誕生した。

施政権は、アメリカから日本に変わり、
通貨も、ドルから円に換わり、
車は、左を走るようになった。
東京に行くのに、パスポートが要らなくなった。

しかし、米軍基地は残ったまま。
35年たった今も、悲しい事件は続いている。

コメント(0)

六ヶ所村ラプソディー上映会
2008/05/15 06:21:09 ブログカテゴリ 環境 | 書庫 社会
uppic 人口1万2千人ののどかな農村、青森県六ヶ所村に、
原子力発電所でウランを燃やしたカス
(使用済み核燃料)を核処理して
プルトニウムを取り出す再処理工場が出来た。

その時に出る廃液や、
フィルターで取り除けない放射性物質を、
一箇所に留めるのは危険過ぎるという理由で、
六ヶ所村の海と空に散布する。

海産物への影響、人間…
特に子供や乳児・胎児への影響は計り知れない。

散布量は、年間で5万3000人分の致死量になるというのに、
日本原連は、大量の海水や大気により薄まり、影響はないと言う。

核燃料再処理工場は、原子力発電所一基が1年で出す放射能を1日で出す。
1年間でチェルノブイリ事故10回分の放射能が出る。

再処理したプルトニウムを使って電気を作る計画だった
高速増殖炉"もんじゅ"は、放射能漏れでストップしたまま。
再処理して取り出したプルトニウムは、使い道がない。

その上、再処理してもしなくても、廃棄物の量は、殆ど変わらない。
廃棄物の最終処分場も、どこからも拒否されて、行き場が無い。

*----*----*----*----*----*----*----*----**----*----*----*----*

核燃料再処理工場は、出来た。
そうして、安全の保証が全く無いまま、この7月にも稼動を始める予定!

さて、私たちは、何ができるのだろう?

石垣島は、六ヶ所村から、すごく遠いけれど、
沖縄が抱える問題も似ていると思う。

『イヤだけど、1人が反対したって変わらない。』
そんな言葉が、数多く聞かれた。

声をあげる勇気、難しければ、とにかく関心を持とう。
立場が違えば、見方は変わる。自分の目で見つめてみよう。
目の前の海に廃液が流されたら…想像する事から始めてみよう。


コメント(0)