八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
モズク採り in 竹富島
2012/03/26 01:15:19 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 自然

川平の満慶まつりでいただいた
3月31日期限の石垣島⇔竹富島の
チケットを使って、再び、竹富島へ。

昨日の浜下りに来られなかった
同僚に、モズクのお土産ができなかったので、
カイジ浜の星の砂をお土産にしようと
町中を歩いていたけれど…

誘われて、西桟橋へ。
観光客が夕陽を見に集まる場所だ。

つい5日前に行ったばかりだけれど、
今回は、ここで、2時間ほどを過ごした。


朝は、ちょっと寒かったので、
コートにブーツで行ったのだけれど、
お昼を過ぎると、この天気。

コートとブーツを持ったまま、
遠浅の海をひたすら歩いた。

歩く先には、島影が見えて、
このまま歩いたら、どこかの島に
渡れるのではないかと思うくらい、
桟橋から離れた場所まで歩いたのだ。

途中で、モズクをいただいたり、
貝をいただいたりして、
そのまま、海水で洗って味見した。


そのうち、私も、モズク採りをはじめた。

昨日、あれだけ採れなかったので、
ただ、散歩を楽しむつもりで、海に入ったのに、
ためしに、海の中に手を入れてみたら、
大量のモズクが採れてしまったのだ。

遠浅でどこまでも歩いていけそうな、
そんな誘惑の中で、ひたすらモズクを採った。

細い海藻が絡まっていたり、
サンゴや貝の欠片がついていたり、
葉っぱが挟まっていたり、
海水できれいに落としながら、
袋にどんどん集めていった。



散歩していた時間が長かったから、
モズク採りにかけた時間は1時間ほど。

5人で採って、この量!

海水できれいにしたけれど、
もう1度、他の海藻や貝や葉っぱが
入っていないか、細かくチェック。

このとき、水で洗うと、
その日のうちに食べないといけないらしく、
水を使わずにきれいにするので、
細かい作業となって、なかなか大変だ。




持ち帰るのが、大変なので、
塩をもみこんで、袋に入れた。

塩抜きが結構大変なので、
本当なら、塩漬けにしないほうが
良いのかもだけれど、
保存方法がわからないのだ。

この状態であれば、
常温で1年はもつそうだ。

これだけあれば、
モズク酢だけでなくて、
てんぷらやヒラヤーチーも試せるね☆

コメント(2)