八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
5月3日竹富島 アイランドホッピングパス
2013/06/03 01:13:24 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 観光
安栄観光の
アイランドホッピングパスを使った、
ゴールデンウィーク3日間の島旅。

いろいろあって
更新できない状態だったけれど、
思い出しつつ、アップしてみる。

5月3日(金)は、朝一で竹富島へ。

とはいえ、9時30分発の鳩間島行きに
乗る予定だったので、
竹富島は1時間ほどの滞在のみだ。

こういうときは、竹富東港近くの
新里村遺跡と北岬(ミサシ)を散歩する。


新里村遺跡は、
上の写真の井戸を中心とした、
12世紀末から13世紀に
形成された集落らしい。

港からすぐの場所だけれど、
あまりこちらの道を歩く人は見かけない。

竹富島は神さまの島だから、
人がいない場所に、
1人で長居するのはちょっと…

なので、いつも、
ここは少し井戸を覗いただけで、
北岬に向かって、ゆっくりゆっくり歩く。


こんな感じの
何にもない道を歩く。

こんな道の真ん中に、
時々、たくさんの蝶がいたりする。

神さまの存在なんて信じていなくても、
蝶の大群を見たりすると、この島には、
目に見えない何かがあるのだと確信する。








竹富島には、
←こんな感じの道案内があるから、
とんでもない方向音痴の私でも
迷子になることもあまりない。

(カイジ浜だったか、
途中で標識が怪しいところがあって、
そこでは、いまだに時々、迷子になる。)

竹富島なんて、
もう何度も行っているのにね。


←この美崎御嶽の↑通りに進むと、
ミシャシ海岸(北岬)がある。


《美崎御嶽(ミシャシオン)は、
航海安全、海上平安の神として、
崇められています。

島の人々が、旅に出たり、帰ってきた時に
祈願をしたり、感謝をする御嶽です。

この先のミシャシ海岸は、かつては
島の主要な港として大正年間頃まで
使用されていました。

今もガンギ(桟橋)跡が見られます。

御嶽は神聖な場所なので、
むやみに立ち入らないでください。》


何にもない海。

真ん中の岩場が、
桟橋だった名残の”そい”かな?

ここでしばらく海を見つめて、
行きと同じ道を引き返して、
竹富港から石垣島に戻った。


こういった1時間の散歩なんて
考えられるのは、乗り放題の
アイランドホッピングパスのおかげ。

この日の鳩間島と西表島は、
また後日、気が向いたら…



コメント(0)