八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
ぬまっちばーにて(加筆&修正予定)
2016/02/18 23:06:25 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 石垣島ミュージシャン

石垣島には、
本当にミュージシャンが多いけれど、
1番多いのは、ギター弾きと三線弾きだろうか?

ドラムって、案外少ない。

昨晩、久々に、ナオさんに会った。

最近、お見かけしなくて、
お元気かな〜?と気になっていた。

飲食にみえたのだろうが、
ちょっとお願いできないか、声をかけてみた。

既に、12時を回っていたけれど、
快くOKしていただいた。







しかし、楽器は、ベース?
ナオさんのベース?

ドラムしか見たことなかったけれど、
ベースが似合う!

20代、30代の若者にはない、
オトナの渋さがあって、
永遠のギター少年みたいな感じが良いね。














後ろには、ズブロッカのセイキさん。

相棒の山田みつるさんに、
ズブロッカの「イバルマの娘」が聴きたいと
何年も言い続けていたのだけれど…

セイキが嫌がって、演奏しないと、
ずっと聞かされていた。

セイキさんに直接聞いてみたら、
コミックバンドと思われるのがイヤなんだとか。

たしかに、ズブロッカを知ったのは、
「イバルマの娘」というタイトルからだ。

だけれど、ズブロッカのかっこよさは知っているよ。
良く知っているからこそ、ギャップを楽しみたい。
この歌が聴いてみたいのだ。

いつか、是非、よろしくお願い申し上げます。



2〜3曲だったけれど、楽しい時間でした。


セイキさん、楽しい空間をありがとう。

ナオさん、ありがとうございました。




コメント(0)