ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
タバコとお酒
2008/02/28 19:04:49 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
お受験シーズンですね、自分も、受験生に負けないぐらい、ハタハターしてます
ブログの携帯版も作らないといけないし・・・。



年が明けまして、タバコの小売販売業の許可とお酒の小売販売業の許可がおりました。
タバコの手続きは、比較的簡単ですけど、お酒は、許可が下りるまでが大変でした。

おかげさまで、ネットショップと店舗の商品ラインナップがさらに強化されます。
自分は、酒もタバコ普段からたしまないんですが、簡単な利き酒はできるようになりたいです。
めざせ、泡盛マイスター


コメント(0)
トラックバック(0)

フレキシブルケーブルの補修
2008/02/13 21:46:23 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
え〜、かなりお久しぶりです。
ここ2週間ぐらい、ノートPCのキーボードが壊れていて、別のUSBキーボードを使ってました。
外出先で、非常に恥ずかしいので、昨日修理をやりました。

キーボードを壊した方の為に以下にまとめましたので参考にして下さい。

壊れていたのは、キーボードと本体を接続するフィルム基板(フレキシブルプリント基板)で、本体を分解した時に、間違って破いたのが原因です。

色々調べているうちに、「熱線補修材」(電気を通す接着剤?)で修理できるらしいので、買出しに。
県内のお店いろいろ探しましたが、「そんなものは無い」といわれ、しかたなくネットで注文。

3日後、ものすごく小さい容器に入った「熱線補修材」が到着。4000円!高い!と思いつつ、作業開始。

切れたところを完全に切断したあと、黒いフィルムをめくって、下にある熱線を綺麗にします。消しゴムなんかも使いました。(いいんですかね?)で、切れたもう一方も同じようにします。

そして、2つの熱線が真っ直ぐになるよう重ねてボンドで止めます。そして、テープで、動かないように両サイドを固定。

いよいよ、熱線補修材を1回路づつ塗っていきます。(写真では、わかりずらいですが、1回路だいたい、1ミリぐらいです。)

爪楊枝の先に補修材をつけて慎重に、塗っていきます。はみ出したらすぐに、ふき取りましょう。回路との間も1ミリなので、ふき取りも難しいです。

確実に塗らないと、通電しないので、しっかり塗ります。大体1時間位で塗れます。その後、数時間乾かしましょう。

ケーブルを極端に曲げないように、慎重に本体に取り付けて通電テストします。通電できて、キーボードもちゃんと動くのを確認したら、また、ケーブルを慎重に外して補修材のうえから、ボンドでコーティングします。その後、セロハンテープで1周とめて出来上がりです。

作業後の感想
2時間ぐらいかかるので、時間が空いたときにやったほうがいいです。
あと、不器用な人はオススメできません。
また、キーボードのジャンクがネットオークションで出品されている場合があるので、そちらを利用したほうがいいかもしれないです。


コメント(0)
トラックバック(0)