ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
体の内部被爆
2012/02/07 14:16:51 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
5日、石垣市健康福祉センターで琉大の矢ヶ崎名誉教授による「福島原発事故と放射能内部被爆」の講和がありました、福島の原発事故は「私の認識は、日本人が核分裂という事に対して充分知識が無いのに安全・安全と神話」作り出してしまった。
人間が思考能力もった頃から森羅万象の中に神を位置づけました、人間が思考限界に達すると神に逃げ神のせいにする、神頼みもする、私が釈然としない部分であります。
森羅万象の初めのビックバンよろしく、放射能微粒子は拡散し続けている、その場から薄れては行きますが地球上からは無くならない、私達はこの様なものにまで頼よらないと生活出来ないのでしょうか?
さて、沖縄は地理的条件で一応安全みたいなのですが、拡散微粒子は植物に付着しやすいようです、被爆野菜などの食物を食べると、この野菜と一緒に「体内に放射能」を食べた事になります・・・・・・。
返す返すも残念なのは、日本は世界唯一の被爆国です、どうして同じ轍を踏むのか、くやしいーっ!・・・ね

コメント(0)
トラックバック(0)

しかあざ会
2012/02/02 16:21:30 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
しかあざ(四か字)は、石垣市字新川・字石垣・字大川・字登野城の四か字(村)の公称であります、それも1757年のころからの古い時代の石垣島の四大集落でありました、しかあざ、しかむら、単に、しか、とも呼ばれておりました、石垣市街地で全人口の九割近い人口密度地域です。
この度、私達上唐・内原・崎山・豊川4人は同年で夫々に「しかあざ」で生まれ育ちました、縁がありまして同時期に同じ職責に就きました、しかあざの中で同じ立場で連携豊かに結構たのしく過ごせました、度々親睦を旨としグシも賜りました、その味がすっかり身に染み付いて仕舞いました、いろいろ悩んだ結果、「しかあざ会」なるを立ち上げました。今後は我が石垣島も右肩上がりの人口増加、反比例の如く、夫々の地域での伝統文化への興味熱も薄れつつある、とその辺を焦点とした勉強会としましよう、と言う事になりました。
申し遅れましたがsikaaza21です、どうぞよろしくね!

コメント(0)
トラックバック(0)