八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
石垣島近況
2012/03/11 16:37:26 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
少し曇り気味の石垣島です。

近所のマエサト食堂はこんないたずらが日常的。

この間は店に入ると全長2mのハブのおもちゃが転がっていて

朝から飛び上がってしまった。


皆さんもご存知の通り

東日本大震災から丁度1年が経った今日、

海を生業とする友人達と

北西部の海岸へ献花に行ってきました。



大潮の干潮時間にあたる昼過ぎには

普段見えない海底が干上がっていました。









鎌倉巡業、カジキを通じて知り合った人々
2012/03/08 18:59:33 ブログカテゴリ | 書庫 トローリング
Tシャツに半ズボンの石垣島です。

いやはや本当に暑い。

春を通り越していきなり真夏がやってきました。

こうなればカジキの活性が高まり

石垣島で一番のカジキ釣りシーズンの幕が開けるのです。



さて今日は横浜巡業に続く鎌倉巡業のお話です。

蒼いそらのそのまた上を眺めながら

お世話になった皆さんの顔を一人一人思い浮かべ、

感謝の気持ちで一杯になりました。


いつもながら飛行機の窓からは

普段眺めることの出来ない景色が右から左に流れ

年甲斐もなく窓に顔をへばりつけ見入ってしまいます。



さて横浜を発った後に向かった湘南。

関西生まれ関西育ちの船長は

「湘南」という響きに何故か憧れがあり

江の電と相模湾に挟まれた海沿いの道を走る車の助手席で

湘南の風を感じたか否かは?ですが、

とにかく気分は湘南なのでした。

なんのこっちゃ?



こちら湘南犬の凪(なぎ)。

湘南湘南と盛り上がっている船長とは対象に

流れる景色をじっと見つめていました。



BMWのカブリオレに大型犬、

やはり海辺の町によく似合っています。

折角なので、七里ケ浜に降りて

浮かぶ江ノ島を眺めながら更に湘南を感じ、

鎌倉のSさんのお宅へ。



そしてカジキ仲間が集まり歓迎会を催して頂きました。

ここに写っている皆さんは、

ひょんな偶然から毎年石垣島に通って頂いているカジキ釣り仲間。

お忙しいところ皆さんが集まって頂き嬉しかったです。ありがとうございました。

宴は石垣釣行毎ごとに起きた予期せぬハプニングと

来る5月の石垣釣行計画話で大いに盛り上がり

宴も酣の頃にはかなり酒も入って

目覚めるとソファーで泥酔状態の午前3時と行った状態でした。



2010年に人生初のカジキを釣り上げられたSさん。



それが切っ掛けでカジキ釣りの火がつき

マイボートでカジキを追いかける事になったKさん。

いつも謙虚に楽しく、しかし心は熱いYさん。



2011年夏に人生初のカジキをキャッチされたUさん。



人の出会いの大切さを更に実感した今回の旅でした。

Yさん、今年の釣行もどんなドラマが待ち受けているのでしょうか?

おやすみなさい・・・・






そして鎌倉の友、TORUMANとも再会。



皆様に感謝感謝の船長でした。






横浜回想
2012/03/07 16:32:11 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般


横浜回想。

開港150年の横浜港に浮かぶ船齢80年以上の氷川丸。

日本郵船の旅客船、太平洋戦争では病院船、戦後、復員輸送、貨客船と

数奇な運命を生き抜き太平洋を渡り続けた歴史の生き証人。

80年前に北太平洋航路を結んでいた貨客船の浮かぶ横浜港。


その真向かいには創立90年近い

ホテルニューグランド。

歴代天皇、皇后陛下、マッカーサー、チャップリンほか

著名人が利用した昭和初期の西洋式ホテル。





本館エントランスは圧巻です。









その裏手には中華街のネオン。



船長一人にはもったいない部屋です(笑)。



本来はビジネスホテル泊のつもりが

お世話になっている横浜のお客様のご好意で

このようなセッティングとなり

素晴らしい横浜巡業となりました。

感謝


横浜ベイサイドマリーナ・フローティングボートショー会場
2012/03/06 01:31:47 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
風が強いが晴れ渡った横浜ベイサイドマリーナ。


昨年はパシフィコ会場すぐ裏で開催されていたフローティングボートショー。

今年は車で30分近く離れた横浜ベイサイドマリーナでの開催となりました。

日本最大規模のベイサイドマリーナには

あまり目にしてはいけない(ような気が・・欲しくなるので・・)

船がずらりと係留されていて

日本経済を牽引されている海好きな人々が集まるマリーナで、

船好きの船長は一日眺めていても飽きないのです。

グッドコンディションのハトラス39。


さてここからがフローティング会場で公開されていた輸入艇の画像です。

個人的に思い入れのあるCABO。

思い入れの訳は後ほどコラムにしてみようと考えています。

エキスプレス艇とフライブリッジ艇の真ん中、よい所取りと言っていいのだろうか?

新型CABO44。


キーサイド主催の中川さんにもご挨拶できてよかった。


ずらりと並んだエキスプレス艇(オープンタイプのフィッシングクルーザー)。


輝くスプレッダーアウトリガーとマーリンタワー。


カジキヒットのクリック音に即座に対応できそうな

新進気鋭のコクピット。


うーん・・・どれも目に毒だなぁ・・・。









横浜ボートショー回想
2012/03/06 01:00:51 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
今朝4℃の鎌倉から最高気温27℃の沖縄に戻ってきました。

やっぱりこの湿度と気温が自分には合っているようで、

皮膚が乾燥して突っ張り気味の唇が

あっという間に普段通りに戻った本日です。


さてこちらは2012・横浜ボートショーの画像。

来賓の方によるテープカットで幕開けとなったパシフィコ横浜会場。


ヤンマーの1軸フィッシングボート。

中々使い勝手が良さそうです。



こちらはヨットブース。

何時かは優雅に風に乗ってみたいです。



アルミハルのトヨタポーナム。

ソフトな波当たりが定評で沢山のゲストがハルの構造に見入っておられました。



こちらはカジキ、ボートフィッシングを中心とした

イラストレーターのタダミさんと。




なぜかトヨタの北米仕様・タンドラが・・・



それにメルセデスも・・



後半に続きます。





[ 前のページを表示 | 次の 3 件を表示 ]