ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
マイケル・ムーアの「キャピタリズム マネーは踊る」
2010/03/06 21:30:48 ブログカテゴリ 映画 | 書庫 全般
マイケル・ムーア監督の映画ですが、
こうした手法での、徹底した現場主義から
くるものは、日本ではないですね。

驚きの連続でした。

現実を知ることと、理想をもつことは、
両方があってこそ、人間らしいですよね


米国は、日本と違って民主主義と思っていました。
でも、このマイケル・ムーア監督の映画を
みると、そうでもないのがわかります。

日本の映画もこうした
面からの映画もあってもいいのではないか?

いまの現実は、
映画の中で表現するほうが、
時として、現実よりリアルに説得力ある
ものになるときもあるような気がします。




沖縄の歴史は世界に誇るもの
2010/01/25 21:18:10 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
沖縄の歴史は、本来、不戦の歴史であったはず。

琉球の歴史は、かのナポレオンでさえ、驚いたという
武器もない、不戦の歴史なんですね。

近年、武力による歴史から、
はじまる不幸な歴史があることが、残念です。

当面は、米軍の基地問題で揺れていますが、
これも、暫時解決点を皆で、見出していくしか、
ないでしょう。

決して、近視眼的な目で、解決をしようとしても、
急速な解決は無理でしょう。

沖縄だけに、国の責任を頼ったり、犠牲的な上に
成り立っているのを、国民の心ある多くの人は、
望んでいないはず。

現地経済のことを、知れば、そんな、甘いこといってられないのでは
と思うことも多いです。

基地に依存する地域経済も現実なんですね。

しかし、大きな先を見る目で、粘り強く対話していくしか
決着はむりです。