ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
健康的
2014/08/05 20:57:29 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
標準体重とは身長が高いか低いかによっても変わるため、平均体重と比べづらいものです。肥満体型の人と比較すると、痩せすぎているという人は免疫力が低下しています。極端なダイエットをしたり、運動量が減ると、女性の場合は筋肉が衰えてますます体重が減ってしまう傾向があります。健康的な体になりたい場合、平均体重に振り回されていては意味がありません。日本人の若い女性の平均体重は減少しているようですが、健康のことを考えると痩せすぎはあまりおすすめできません。 体重が少なすぎると、デメリットがあります。厚生労働省のデータでは、中高年の男性、女性を問わず、成人後に体重が5?以上少なくなると死亡の可能性が1.4倍になるそうです。日本では、BMIの標準は22だといいます。女性にとって、体重管理は重要な問題のようです。少しふくよかな人のほうが、BMIからすれば、長く生きるともされています。 女性の場合には、BMIで計算した標準体重は太り過ぎで平均体重のほうが現実的だと考えるようです。健康的な体型が、BMIで言うところの標準体重です。きれいになるために細くなりたいという女性も多いですが、平均体重ばかりを参考にせず、適正な体重を知りましょう。痩せ型に憧れる女性がたくさんいることがわかります。痩せている女性は骨粗しょう症になる可能性が高いという欠点もありますので、筋肉増強と、ある程度は体重を保つことも重要です。 平均体重も日本の女性はすくなめです。体重が+5キロ以上になっても、死亡リスクは変わらないといいます。日本人女性はやせているにも関わらず、日本人女性の多くはもっと細くなりたいとダイエットをしている人が多いようです。ざっくりとした計算では、身長から100を引き、その9割を?で表すというものがあります。特に女性の体重はその傾向があります

コメント(0)
トラックバック(0)