八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
創立45周年記念式典(講演の部)
2006/11/29 23:53:12 書庫 全般
uppic

記念式典にて、「新公益法人制度改革」を目前に控え、これからの公益法人としての八重山青年会議所の活動の在り方を宣言した「改革宣言」の後に、引き続き、佐藤守先生による記念講演「先島近海波高し」が開催されました。

開催に先立ち、記念講演会担当委員長の山里典生君による講演会の趣旨説明...

沖縄の歴史を紐解くと、沖縄がかって琉球であった時代から琉球=沖縄の地政学上の位置関係により、日本と中国、そして各国の覇権争いの影響を受け続けてきました。

先の大戦でも、米国の日本本土攻略の要地として唯一の地上戦となり、我が国の敗戦後、米国に占領された後、米国の世界戦略の要地として多くの軍事基地が建設されました。そして、沖縄が日本復帰を果たした現在も軍事的要地として広大な米国の軍事基地及び我が国の自衛隊基地があります。

近年、沖縄そして八重山諸島周辺海域が緊張状態となっています、中国が一方的に主張する尖閣諸島領有権問題、中国の東シナ海ガス田開発問題と領海問題、2008年問題(台湾をめぐる問題)...平和を希求し実現していくために、我が国の安全保障・国防の最も重要な地域、国境に住む私たち八重山JC会員が、正常な安全保障・国防に関する知識を持ち、平和の実現を図るために、今後どのように行動しなければならないのかを考える場としたい

...と、カンペ無しで堂々と趣旨説明を行い、記念講演へと入っていきました。

佐藤先生の講演冒頭で、会場が一気に和みましたが、その後の話の内容は、我が国の安全保障の最前線に立っていた方ならではの内容で、45分間の講演があっという間に過ぎてしまいました。

日頃、マスコミのフィルターが掛かった報道で伝えられる安全保障の話ではなく、生の安全保障の最前線にいた者同士の緊張感みなぎるやりとり...普段聞く事が出来ない貴重な話を聞く事が出来ました。

佐藤先生、本当にありがとうございます。

1日1万件のヒット数を誇る佐藤先生のブログにて、今回の八重山での講演会の件を「八重山訪問記1-2-3」と紹介されております。



コメント(1)