八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
『気高き沖縄の創造に向けて』パネルディスカッション
2008/10/28 05:16:51 書庫 全般

緊張感漲る第1部の講演の雰囲気をそのままに...
フォーラムは、私がコーディネーターを務める第2部のパネルディスカッションへ...

緊張して壇上に上がると...参加者の皆様の真剣な目線に圧倒されそうになりましたが...
会場の前の席に陣取るJCの仲間たちの顔を見ていると...少し落ち着きました。

特に...うるま侍の福原直前ブロック会長、大浜次年度地区担の笑顔には、助けられましたよあせあせ(飛び散る汗)

日本が抱える問題....そして未来への課題...
既存メディアが発しない、その問題の根幹を、独自の視点で切り込む小林先生が...何故、沖縄問題に切り込むのか...

その辺りを、講演内容から少し掘り下げてディスカッションする事になりました。

パネルディスカッションのパネラーは...
・小林よしのり先生
・宮城能彦(沖縄大学教授)
・安里政晃(日本JC沖縄地区協議会会長)

まずは...沖縄地区協議会安里会長が、本年度...どういう方針で活動を行ってきたのか...そして沖縄に住む者として、気づいた者の責務として、今後...どういう思いで、気高き沖縄を創造していかなければならないのかという「思い」を語って頂き、それに対して、小林先生、宮城教授からのアドバイス...

 

テーマは...沖縄の基地問題、国防問題、憲法問題、沖縄の教育問題から人材育成...そして道州制と...多岐に渡りましたが、それぞれに適切なアドバイス意見をいただけたと思います。
そして...気高き沖縄を創造して行く為に...これからの沖縄を背負い立つ、会場に来て頂いた皆様と我々に対するメッセージを頂き、パネルディスカッションは終了したのですが...

とにかく...時間が足りませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

前日に、パネルディスカッションのテーマを項目別に、PCに書き出していたのですが...取り上げる事が出来たのは、わずか2/3程...
でも...今年の沖縄地区協議会が取り組んだテーマのほとんどを取り上げる事が出来たので、総括発信のパネルディスカッションとしては、良かったと思いました。

小林先生と宮城教授には、今年...我々が取り組んだテーマに対して、適切なアドバイスと新たな気づきを与えて頂き...本当に感謝申し上げます。

そして...会場にお越し頂いた皆様...本当にありがとうございます。
この沖縄で、我々市民生活と、どこか乖離している政治とメディアに対する疑問と...自身の思いを確かめる事が出来ましたでしょうか...


小林よしのり先生は...今回のフォーラムでの講演...
「沖縄へのわしの思い...そして、これに応えてくれた沖縄の若者達の為に..」という事で講師料は、最初から辞退されておりました。

講演会当日...ここ沖縄で、『同じ時刻』に...労働組合主催の講演会で講師を務め琉球新報でもコラムを書いている起訴猶予中の外務事務官が、以前...名指しこそしていませんでしたが、明らかに小林先生を指して...「政治漫画家が、沖縄を題材に金儲けをしている」と言っていましたが、それは...大きな誤解です。

小林先生は、本当に...沖縄を思い、利権や様々なイデオロギーやしたたかな戦略でもって沖縄を利用しようとする勢力に翻弄されている沖縄の人々の苦悩と、それでも気高く誇りある沖縄を創ろうとしているうちなーんちゅが、たくさんいる事を全国の方々に知って頂こうという崇高な使命感で、沖縄に関わっているのです。

今回のフォーラムを終えて...小林先生のこの思いを、私達がしっかりと受け止め...民草のひとりとして、気高き沖縄を創造していきたいと思います。



コメント(2)